スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるがままの瞑想

「あるがままの瞑想」は仏教の一種であるゾクチェン(セムデテクチュー)に特徴的な瞑想法です。
仏教では、他にもマハー・ムドラーや中国禅にも近いものがあります。
バラモン・ヒンドゥー系では、ラマナ・マハリシや、ニサルガダッタ・マハラジの言うニサルガ・ヨガもこれに属すると思います。
他にも、スーフィー系と言われるグルジェフのワークや、シャーマニズム系のフナトルテックにも似た瞑想法があります。


一番の特徴は、一切、心のコントロールをしないということです。
意識的に何かに集中したり、その対象を保持したり、対象を止滅させたり、対象を認識したりしません。

心をコントロールすることなく、ただ、心に現れたものを意識し、体験します。
しかし、これだけだと、「観察する瞑想」、仏教で言えば「観(ヴィパッサナー瞑想)」と変わりません。

「あるがままの瞑想」では、心の現れを意識するだけではなく、同時に、自分の心の本質、主体に意識を向けます。
この本質は、「気づき」そのもの、純粋な観察者であり、透明な鏡そのもののような存在です。
そして、この心の本質である純粋な「気づき」そのものを、常に保つようにします。

ゾクチェンではこれを「原初の智慧」とか「明智(リクパ)」と言います。
バラモン・ヒンドゥー系では「アートマン」、「プルシャ」です。

そうすると、心に現れた、どのような内容、対象にも捕らわれることもなく、同一化することもありません。

もう一つの違いは、「観察する瞑想」では、どちらかと言うと、心に現れたものに対して否定的で、それがなくなることを目指したりします。
しかし、「あるがままの瞑想」では、心に現れたものに対して肯定的で、それが自由に現れ、変化することに対して積極的です。

人の思考や感情、行動などは、ほとんどが習慣化されています。
意識していないと、決まった形の繰り返しになってしまいます。
しかし、ただ意識するだけで、対象にある種のエネルギーが流れ、創造的になり、その時その時、変化するものになります。
意図的に変化させるのではなく、自然に変化するに任せます。

「あるがままの瞑想」の特徴としては、段階的な訓練というものが本質的ではなく、いきなり自分の本性である気づきに意識を向けて、あるがままを体験するようにします。

とは言っても、現実的には、最初は、座禅している状態で瞑想するのが簡単でしょう。
徐々に、歩行中とか、単純な作業をしながら行います。

最終的には、何をしていても、一日中その気づきの意識の状態でいることを目指します。
その点では瞑想法というより姿勢や態度に近いかもしれません。
 

イメージする瞑想の基本

イメージ・トレーニングやメージ療法でも、イメージを思い描くことを行います。
しかし、瞑想法としての「イメージする瞑想(観想)」では、夢や現実と同じくらいに、ありありとイメージを思い描きます。
眼を閉じていても、眼を開いていても、できるようにします。

一般に、観想では、象徴的なイメージと物語を体験することによって、無意識的なレベルで心の働きを活性化させたり、意識の在り方そのものを変容させます。

象徴(宗教的・神秘主義的・魔術的な象徴)は単に何かを指し示すのではなく、特定の力そのものを生み出します。
観想では、象徴が持つ連鎖の働きを介して、微細で根源的な意識の状態に至ることもできます。

観想はほとんどの宗教宗派で行われますが、特に密教(タントラ)や西洋魔術などでは重視される瞑想法です。
これらでは、万物照応と階層の連鎖の原則をもとにして作られ、教義の根本をなす「象徴体系」をベースにしています。
「象徴体系」をもとにした観想を行うためには、長期的なトレーニングによって、心の中に体系化された象徴の回路を根づかせる必要があります。

* 象徴の意味や働きについては 姉妹サイト「神秘主義思想史」の「象徴と象徴体系」もご参照ください。

観想では、静止したイメージでも、物語的に展開するイメージでも、基本的には意識的にイメージを作成してコントロールします。
しかし、意図的にイメージを作らずに、一定の心理状態に導くことでイメージが自然に生まれるようにする場合もあります。
この場合は瞑想法と言っても「夢見の技術」に近くなりますが、当ブログでは「受動的観想」と呼んで観想法の一種と見なしています。


仏教系の観想法では、「トンレン」「金剛薩?の瞑想」「チュー」「五相成身観」などがあります。
後期密教の生起次第である「秘密集会 聖者流 生起次第」は最も高度に組織化された観想法に属します。

他の宗教でも、道教の「太陽神存思法」、ヒンドゥー・ヨガの「ディヤーナ・ヨガ」、近代神秘主義では、ルドルフ・シュタイナーの観想法、高等魔術結社ゴールデンドーンの「生まれなき者の儀式」などがあります。

また、自然にイメージが現れるようにする「受動的観想法」には、ユダヤ神秘主義の「メルカーバーの観想」、イスラム神秘主義の「ズィクル」、西洋魔術の「アイテール界の上昇(エノク魔術)」などがあります。


観想を行えるようになるためには、訓練が必要です。
以下、2種類の訓練法を紹介します。

まず、西洋高等魔術で行う訓練法です。

例えば、色と形のはっきりした幾何学図形を紙に描きます。
そして、それを30秒ほど凝視します。
その後、白い壁を見ると、補色で残像が見えます。

例えば、赤い円を凝視した後に白壁を見ると、緑の円が見えます。
普通、この生理的・視覚的な残像は自然に消えていきます。
しかし、残像に集中しながらそれを保持し続けるように訓練します。
すると、いつの間にか、内的に作り出し、投影されたイメージが、残像に置き替わっていきます。
この内的イメージは、目を閉じても見えます。

この時、単に視覚的に赤をイメージするだけではなくて、温かさ、情熱など、赤が象徴するものを全感覚的に感じるようにしてみましょう。

それができるようになったら、内的イメージの大きさを変えたり、形を変えたりします。
また、残像を利用することなく、好きな色形のイメージを、白壁に投影する訓練をします。
また、眼を閉じてイメージを思い浮かべる訓練をします。

さらには、複雑なイメージを投影したり、思い描きます。
あるいは、眼を開いた状態でも、思い描けるようにします。

白い壁に投影する以外にも、ブラックミラー(ガラスにエナメルを塗ったもの)だとか、占い師のように水晶に投影して訓練する方法もあります。


次に、チベット仏教で行う訓練法です。

一晩、二晩と寝ずに起き続けます。
すると、だんだんと、夢と覚醒の混ざった半眠の意識状態になり、勝手に夢のイメージが見えるようになります。
この意識状態の中で、イメージを思い描くことを訓練します。
また、日常の意識状態でも、その半眠に近い状態になれるように訓練します。

起き続けての訓練以外にも、入眠時に訓練したり、二度寝、三度寝をして浅い眠りの状態で訓練するのも方法でしょう。

あるいは、部屋を真っ暗にして、長時間(数日)いるとか、アイマスクを長時間着け続けると、やはり半眠の意識状態になるので、この状態でも訓練できます。

気をコントロールする瞑想

一般に「気」をコントロールするというと、「気功」が有名です。
実は気功といっても様々なのですが、一般的に知られる気功は特定のポーズや動きの中で、体の中の気の流れをコントロールしたり、一箇所に集めて強めたり、外から取り入れたりします。
それが一種の健康法となっています。

中国の道教(仙道)には「内丹」と呼ばれる気をコントロールする修行体系があります。
実は、現代の気功は、内丹の初歩段階に当たる「導引」を一般化・現代化したものです。

世界各地に気をコントロールする瞑想法があります。
特に、中国、インド、チベットなどには、高度な修行体系・瞑想法があります。

中国で「気」と呼ばれるものは、インドでは「プラーナ」など、チベットでは「ルン」、ヨーロッパ・オリエントでは「エーテル(アイテール)」などと呼ばれます。

気は意識、イメージ、呼吸法、特定の体位や座法によってコントロールします。

気は、体の中では、波動状に移動する微細な物質か電気のような存在のように感じます。
場所や量にもよりますが、一般に、ピリピリしたり、温かさを感じます。

気は意識した身体の部分に自然に集まります。
動くようにイメージして、意識する場所を移動すれば、その通りに動きます。

初めて気を感じるための方法には次のようなものがあります。

まず、両手こすり合わせます。
すると、手のひらがピリピリして温かさや圧力のような感覚を感じます。
これは摩擦による皮膚感覚とその残像です。
そのピリピリした感覚に集中し、その感覚を保持するように努めます。
すると、いつのまにか気が集まり、気の感覚になります。

ただ、気の感覚は、幻覚や自己催眠とは異なりますので、思い込みをしないように慎重に判断しましょう。


気のあり方と心のあり方は密接に関係しています。
気を浄化して自由に動かすことは、心を解放して創造的になることと一体です。
根源的な気を発動させることは、表面的な心を静めて、心の深層を目覚ませることと一体です。

気の修行をしていると、身体を固体じゃなく、波動状の存在として捉えるようになるので、心も柔らかくなります。
様々な気が身体の内外を自然に循環するので、身体の境界という意識も薄れ、一つの私、身体を支配する私という意識も薄れます。

気は身体の内外を流れます。
身体の中には気が流れる気脈や交わる地点があります。
それだけではなく、気でできた身体があります。
そして、気の身体の核(種・胎)があります。

気を凝縮すると熱を持ち発火します(比喩的な表現ですが)。
気の身体の核を溶かすと液状の気が発生します(比喩的な表現ですが)。

気には種類があります。
例えば、中国では「後天的な気(宗気)」と「先天的な気(元気)」の区別が重要です。
インド・チベットでは、「粗い気」「微細な気」「極微細な気」と3つに分けます。

一般に、「気をコントロールする瞑想」の第一段階は、粗い後天的な気の流れをスムーズにしたり、気を増やして、その他の初歩的な段階で、健康が目的だったりすることもあります。
中国仙道の「内丹」の初歩段階や、近代ハタ・ヨガのアイアンガー・ヨガヴィンヤサ・ヨガ、仏教のヤントラ・ヨガなどは、多くはこの段階だと思います。
西洋魔術の「中央の柱」でも、観想と共に初歩的な気もコントロールを行います。

第二段階は、先天的な細かい気を発動させて、気の身体を浄化したり、もう一つの気の身体を作ることです。
中国では「内丹」の「小周天」、「大周天」の段階です。
インド・ヒンドゥー教では、「クンダリーニ・ヨガ」、後期密教の「チャンダリーの火」、「究竟次第」などがこれを行います。

さらに第三段階は、ほとんど伝説の領域になりますが、肉体を清浄な気の身体や光の身体に解消していきます。
中国仙道の「還虚合道」の段階や、ゾクチェンの「トゥゲル」による「虹の身体」などがそうです。

詳細は個々のページを参照してください。

諸技法の分類・図式化

「はじめに」のカテゴリでは、様々な瞑想法の種類について書いてきました。
しかし、このサイトや姉妹サイトでは、瞑想法以外にも、一般に「夢見の技術」と呼ばれるものや、心理療法、魔術など、様々な精神技術を扱っています。

各種の精神技法の全体像と、それぞれの本質を分かりやすく理解するために、私なりに、ざっくりと、分類して図示してみます。


分類、チャート化するに当たって、2つの軸を設定して考えました。

一つの軸(縦軸)は、「意識化」⇔「変性意識化」です。

「意識化」は、心などを観察してそれを意識化するという性質が重要なものです。
ここで扱う精神技術は、いずれも変性意識的な側面があるのですが、中でも、同時に、意識化を重視するものがこれに当たります。
「変性意識化」は、日常とは異なる意識状態になることが重要なものです。

もう一つの軸(横軸)は、「操作的」⇔「自然的」の軸です。

「操作的」は、「作為的」、「介入的」とも表現できますが、意図して何からの方向に心を変える方法です。
「自然的」は、「自発的」、「無作為的」とも表現できますが、意図せずに、心が自然に生まれ、変化するように仕向ける方法です。
私の考えでは、「操作的」な技術は「方法的」なもので、「自然的」な技術はその状態自体が「目的的」なものです。

瞑想法チャート

第1象限は、あるがままの心を意識することで、それを自然な状態のうちに、変化・発展させようとする技術です。自然な心のありようを、信じ、重視する思想がもとになっています。

カウンセリングの「クライアント中心療法」は、比較的日常意識に近いところで自分の心を自覚しますが、「ゾクチェン」では、日常的な意識を保ちながらも、通常は変性意識状態でないと自覚できない心のレベルをも意識し、それを自由にします。


第2象限は、あるがままの現実(心)を認識することで、誤解や執着を取り除こうとする技術です。

第1象限の「ゾクチェン」では、自覚する対象(表象)を自由にさせるのに対して、第2象限の「ヴィパッサナー瞑想(観)」では、自覚した対象(表象)は、誤解に基づくものであれば、それを消滅させ、執着を失くすので、この点で操作性があります。


第3象限は、変性意識状態、つまり、無意識的な心の状態に入って、心を意図的に変えていく技術です。

サマタ瞑想(止)」は、対象に集中することで、心を静めたり、集中力を養ったり、教義を体得したり、特定の心を成長させたりするためのものです。
観想法」も方法としては似ていますが、象徴性の高いイメージを作為してそれを対象にします。
目的としては、やはり、教義を体得したり、特定の心を成長させたりするのですが、象徴的機能が働く夢的意識状態で行い、無意識を通して心を変化させる傾向が高い方法です。
イメージ療法(暗示)」などは、トラウマをなくすために記憶を書き変えたり、成長目標を達成するために目標イメージを描くものです。
「魔術」は、象徴体系を無意識に形成し、それを操作する技術ですが、主に、特定の心を成長させたり、無意識に特定の活動をさせるために行います。


第4象限は、変性意識状態、つまり、無意識的な心の状態に入って、その心を自発的に発展させるものです。

フォーカシング」や一般的な「夢見の技術」では、夢の意識状態でこれを行います。
プロセス指向心理学」では、夢の意識状態と、さらに深い直観の意識状態と、日常的な意識状態の間を行き来することを目指します。
「フォーカシング」や「プロセス指向心理学」は、もともと心理療法なので、治療的意識を持って行われることが多いのに対して、「夢見の技術」は、様々な目標がありますが、夢を通して、心の自然な成長を目指すのが基本です。
西洋魔術の「パスワーキング」は、象徴体系を利用して、一定の方向性で夢見を行い、特定の能力を成長させます。

禅病の治療法

「禅病」と言われる病気があります。
主に、日本の禅宗などで使われる言葉ですが、瞑想を行っているうちに、陥る病気です。

症状は人それぞれなのですが、頭痛や、胸痛、頭がノボせる、手足が冷えるといったものです。
単に身体的な症状ということではなく、心理的な痛みを伴うもので、「絶え間なく続く、ひりつくような焦燥感」、「深い竪穴の底に落ちたまま、どうあがいても、上に登っていけない感覚」、「深鍋の中で煎じられているような、我が身が焦げ付くような感覚」(以上「密教的生活のすすめ」正木晃著より引用)といった表現がなされます。

原因は、はっきりとしたことは分かりませんが、心理的には、瞑想を行う際に、緊張やストレスが過剰にかかったことが考えられます。
また、気の側面から言えば、気が頭に気が上ってしまったことが考えられます。

白隠禅師がこれに陥り、「内観法」や「軟酥の法」で治療をしたことが、「夜船閑話」に書かれており、よく知られています。
この2つの方法を、他の方法をからめながら紹介します。

これらの方法は、上に書いた典型的な「禅病」ではなくても、多くの障害に関して一定の有効性があると思います。
ただ、あくまでも一種の対症療法なので、根本的には、正しい瞑想法を習得するなり、不要な自我意識をなくすことが必要でしょう。


まず、「内観法」ですが、基本的には、腹部(下丹田・気海丹田)を中心に、足腰も含めて、下半身に意識を集中する方法です。

これは、仙道の「内丹法」の初歩である下丹田への集中や、自己催眠の「自立訓練法」に似た方法です。
リラックスをしたり、頭部以外の腹部などの下半身へ気を戻す瞑想法です。

朝起きる前、夜寝る前に、寝ころびながら行うと効果的です。

具体的には、手足を適度に開いて仰向けに寝ころび、体をリラックスさせます。
そして、腹部を意識して腹式呼吸をし、雑念をなくした無心の状態になります。
こうして、腹部、下半身に、気を充実させます。

「夜船閑話」では、下記のように念じます。

「我がこの気海丹田腰脚足心、まさに是れ本来の面目、面目何の鼻孔かある」
「我がこの気海丹田、まさに是れ我が本分の家郷、家郷何の消息かある」
「我がこの気海丹田、まさに是れ我が唯心の浄土、浄土何の荘厳かある」
「我がこの気海丹田、まさに是れ我が己心の弥陀、弥陀何の法をか説く」

ですが、本質的なものではないでしょう。
むしろ、自律訓練法を取り入れながら行うと効果的でしょう。


「軟酥の法」は、頭の上にバターのようなものがあって、それが融け落ちて全身を癒すとイメージする観想法、イメージ療法です。
こちらは座って行います

チベット密教の、懺悔による浄化のための瞑想法である「金剛薩埵の瞑想」の中で行われる「甘露下降法」と似ていて、これをシンプルにした形です。
こちらもリラックスすると共に、気を頭部以外に戻す瞑想法です。

ハタ・ヨガにも、これに似た気をコントロールする瞑想法がありますが、「軟酥の法」や「甘露下降法」はあくまでも観想法であり、間接的に気をコントロールすることにはなりますが、直接的なものではありません。

具体的には、頭の上に、卵くらいの大きさの、よい香りして生暖かい軟酥(バターのような乳製品の薬)があるとイメージします。
これが融け落ちてきて、まず、頭全体を潤し、さらに両肩、両上肢、胸…と足までを潤し、すべての障害を直すとイメージします。

頭に気が昇っている場合は、融け落ちた軟酥と共に、気が下りて行くとイメージし、コントロールすると良いでしょう。

ちなみに、「甘露下降法」では、心身の障害が、黒い液体や膿などとして、身体の下部から排出されるとイメージします。

* 緊張を緩和しリラックスするとか、気を頭から下半身に戻す、といったことは、必ずしも瞑想的な技術を使わずとも、半身浴や足湯に浸かるとか、浸かりながら瞑想する、といった方法も効果的でしょう。
プロフィール

morfo

Author:morfo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。