スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気をコントロールする瞑想

一般に「気」をコントロールするというと、「気功」が有名です。
実は気功といっても様々なのですが、一般的に知られる気功は特定のポーズや動きの中で、体の中の気の流れをコントロールしたり、一箇所に集めて強めたり、外から取り入れたりします。
それが一種の健康法となっています。

中国の道教(仙道)には「内丹」と呼ばれる気をコントロールする修行体系があります。
実は、現代の気功は、内丹の初歩段階に当たる「導引」を一般化・現代化したものです。

世界各地に気をコントロールする瞑想法があります。
特に、中国、インド、チベットなどには、高度な修行体系・瞑想法があります。

中国で「気」と呼ばれるものは、インドでは「プラーナ」など、チベットでは「ルン」、ヨーロッパ・オリエントでは「エーテル(アイテール)」などと呼ばれます。

気は意識、イメージ、呼吸法、特定の体位や座法によってコントロールします。

気は、体の中では、波動状に移動する微細な物質か電気のような存在のように感じます。
場所や量にもよりますが、一般に、ピリピリしたり、温かさを感じます。

気は意識した身体の部分に自然に集まります。
動くようにイメージして、意識する場所を移動すれば、その通りに動きます。

初めて気を感じるための方法には次のようなものがあります。

まず、両手こすり合わせます。
すると、手のひらがピリピリして温かさや圧力のような感覚を感じます。
これは摩擦による皮膚感覚とその残像です。
そのピリピリした感覚に集中し、その感覚を保持するように努めます。
すると、いつのまにか気が集まり、気の感覚になります。

ただ、気の感覚は、幻覚や自己催眠とは異なりますので、思い込みをしないように慎重に判断しましょう。


気のあり方と心のあり方は密接に関係しています。
気を浄化して自由に動かすことは、心を解放して創造的になることと一体です。
根源的な気を発動させることは、表面的な心を静めて、心の深層を目覚ませることと一体です。

気の修行をしていると、身体を固体じゃなく、波動状の存在として捉えるようになるので、心も柔らかくなります。
様々な気が身体の内外を自然に循環するので、身体の境界という意識も薄れ、一つの私、身体を支配する私という意識も薄れます。

気は身体の内外を流れます。
身体の中には気が流れる気脈や交わる地点があります。
それだけではなく、気でできた身体があります。
そして、気の身体の核(種・胎)があります。

気を凝縮すると熱を持ち発火します(比喩的な表現ですが)。
気の身体の核を溶かすと液状の気が発生します(比喩的な表現ですが)。

気には種類があります。
例えば、中国では「後天的な気(宗気)」と「先天的な気(元気)」の区別が重要です。
インド・チベットでは、「粗い気」「微細な気」「極微細な気」と3つに分けます。

一般に、「気をコントロールする瞑想」の第一段階は、粗い後天的な気の流れをスムーズにしたり、気を増やして、その他の初歩的な段階で、健康が目的だったりすることもあります。
中国仙道の「内丹」の初歩段階や、近代ハタ・ヨガのアイアンガー・ヨガヴィンヤサ・ヨガ、仏教のヤントラ・ヨガなどは、多くはこの段階だと思います。
西洋魔術の「中央の柱」でも、観想と共に初歩的な気もコントロールを行います。

第二段階は、先天的な細かい気を発動させて、気の身体を浄化したり、もう一つの気の身体を作ることです。
中国では「内丹」の「小周天」、「大周天」の段階です。
インド・ヒンドゥー教では、「クンダリーニ・ヨガ」、後期密教の「チャンダリーの火」、「究竟次第」などがこれを行います。

さらに第三段階は、ほとんど伝説の領域になりますが、肉体を清浄な気の身体や光の身体に解消していきます。
中国仙道の「還虚合道」の段階や、ゾクチェンの「トゥゲル」による「虹の身体」などがそうです。

詳細は個々のページを参照してください。

諸技法の分類・図式化

「はじめに」のカテゴリでは、様々な瞑想法の種類について書いてきました。
しかし、このサイトや姉妹サイトでは、瞑想法以外にも、一般に「夢見の技術」と呼ばれるものや、心理療法、魔術など、様々な精神技術を扱っています。

各種の精神技法の全体像と、それぞれの本質を分かりやすく理解するために、私なりに、ざっくりと、分類して図示してみます。


分類、チャート化するに当たって、2つの軸を設定して考えました。

一つの軸(縦軸)は、「意識化」⇔「変性意識化」です。

「意識化」は、心などを観察してそれを意識化するという性質が重要なものです。
ここで扱う精神技術は、いずれも変性意識的な側面があるのですが、中でも、同時に、意識化を重視するものがこれに当たります。
「変性意識化」は、日常とは異なる意識状態になることが重要なものです。

もう一つの軸(横軸)は、「操作的」⇔「自然的」の軸です。

「操作的」は、「作為的」、「介入的」とも表現できますが、意図して何からの方向に心を変える方法です。
「自然的」は、「自発的」、「無作為的」とも表現できますが、意図せずに、心が自然に生まれ、変化するように仕向ける方法です。
私の考えでは、「操作的」な技術は「方法的」なもので、「自然的」な技術はその状態自体が「目的的」なものです。

瞑想法チャート

第1象限は、あるがままの心を意識することで、それを自然な状態のうちに、変化・発展させようとする技術です。自然な心のありようを、信じ、重視する思想がもとになっています。

カウンセリングの「クライアント中心療法」は、比較的日常意識に近いところで自分の心を自覚しますが、「ゾクチェン」では、日常的な意識を保ちながらも、通常は変性意識状態でないと自覚できない心のレベルをも意識し、それを自由にします。


第2象限は、あるがままの現実(心)を認識することで、誤解や執着を取り除こうとする技術です。

第1象限の「ゾクチェン」では、自覚する対象(表象)を自由にさせるのに対して、第2象限の「ヴィパッサナー瞑想(観)」では、自覚した対象(表象)は、誤解に基づくものであれば、それを消滅させ、執着を失くすので、この点で操作性があります。


第3象限は、変性意識状態、つまり、無意識的な心の状態に入って、心を意図的に変えていく技術です。

サマタ瞑想(止)」は、対象に集中することで、心を静めたり、集中力を養ったり、教義を体得したり、特定の心を成長させたりするためのものです。
観想法」も方法としては似ていますが、象徴性の高いイメージを作為してそれを対象にします。
目的としては、やはり、教義を体得したり、特定の心を成長させたりするのですが、象徴的機能が働く夢的意識状態で行い、無意識を通して心を変化させる傾向が高い方法です。
イメージ療法(暗示)」などは、トラウマをなくすために記憶を書き変えたり、成長目標を達成するために目標イメージを描くものです。
「魔術」は、象徴体系を無意識に形成し、それを操作する技術ですが、主に、特定の心を成長させたり、無意識に特定の活動をさせるために行います。


第4象限は、変性意識状態、つまり、無意識的な心の状態に入って、その心を自発的に発展させるものです。

フォーカシング」や一般的な「夢見の技術」では、夢の意識状態でこれを行います。
プロセス指向心理学」では、夢の意識状態と、さらに深い直観の意識状態と、日常的な意識状態の間を行き来することを目指します。
「フォーカシング」や「プロセス指向心理学」は、もともと心理療法なので、治療的意識を持って行われることが多いのに対して、「夢見の技術」は、様々な目標がありますが、夢を通して、心の自然な成長を目指すのが基本です。
西洋魔術の「パスワーキング」は、象徴体系を利用して、一定の方向性で夢見を行い、特定の能力を成長させます。
プロフィール

morfo

Author:morfo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。