fc2ブログ

ヤンティ・ナクポの暗黒のヨガ


仏教の最奥義であるゾクチェン(アティ・ヨガ)の、最終段階であるトゥゲルのさらに奥に位置する教えがヤンティ・ヨガと呼ばれます。
その暗黒部屋で行う瞑想法が、「ヤンティ・ナクポ」の「暗黒のヨガ(ムンツァム)」です。

この瞑想法は、光をまったく通さないこの瞑想専用の部屋の中に、一週間以上籠もって行います。
心臓と大脳の神経叢にある原初的な心の運動性(煩悩のない法界の運動性)を、最終的には視神経を通して外に出し、様々な光や尊格として見ることで、煩悩を滅していきます。

この瞑想法は秘密性が高く、これまで具体的な方法は知られていませんでしたが、中沢新一が新著「精神の考古学」で、自分の体験を織り交ぜながら大まかな部分を公開したので、これをまとめる形で紹介します。


「ヤンティ・ナクポ」は、15Cにテルトンのドンツォ・レパ・チマが再発見した埋蔵経典です。
元はカギュ派で伝承されていましたが、ニンマ派のゾクチェンの最奥義の位置づけがされるものになりました。

「暗黒のヨガ」の準備として、まず、ゾクチェンの本行である「テクチュウ」と「トゥガル」を、加行として行います。
その後、「シトの灌頂」を受ける必要があります。

ニンマ派では、心臓に48の静寂尊、大脳に52の忿怒尊がいるとされ、合わせてシト100尊と呼ばれます。
心臓と大脳にある原初的な心の波動を100尊として見るのです。

これらのシト100尊は、死後にも現われるとされます。


「暗黒のヨガ」には、独特の神経生理学理論があります。
通常の究竟次第のヨガでは、中央管と左右管を観想しますが、トゥゲル(ヤンティ・ヨガ)では、これらとは異なる、光の顕現を生み出す特別な4つの脈管と、4つの灯明が語られます。

「青空のヨガ」では、まず、「カティシェル(水晶管)」という水の元素の力でできた心臓と眼をつなぐ微細な緑白色の脈管と、「遠方に通達する投げ縄としての水のランプ」と呼ばれる灯明から金剛連鎖体(ドルジェ・ルクギュー)を現わします。
 
ですが、「暗黒のヨガ」では、大脳と視神経をつなぐ脈管が重視されます。


密教では、意図的にプラーナをコントロールして脈管に圧力を加えますが、「暗黒のヨガ」では、そのような操作をしません。
ですが、独特の観想を使った刺激が行われます。


通常の「暗黒のヨガ」は、7日間をかけて、専用の部屋に籠もって行います。
それぞれの日に名称があって、以下のようなプロセスとなります。

・1日目:原初的知性の独眼に汚れなし

大脳の蓋の内部に法螺貝の形の透明な水晶の器のような宮殿があり、そこに五色の光を放つ一個の球体を観想します。
また、眉間に憤怒の形相をした原初的知性の青い眼があって、大脳の中を覗き込んでいると観想します。
すると、脳内に豆粒くらいの光の玉(ティクレ)が現れてきて、光が強くなっていきます。

・2日目:二様の顕現を分別する心を超越する

脳内を凝視する眼を、左右2つに増やして観想します。
また、心臓の神経叢に集中していると、光り出します。
そこに、48の静寂尊が現れていると考えます。

・3日目:3つのリクパは清明にして純粋

脳内を凝視する眼を、眉間と左右の3つに増やします。
脳内宮に52の忿怒尊が現れていると考えます。
忿怒尊はエネルギーが大きいことを表現します。

*他の書(経典)では、心臓の48尊が上昇して変化をとげると書かれているものがあります。

・4日目:遷移ある篩(ふるい)の如し

後頭部や耳の後ろに眼を増やして8つにして、それによって脳内宮を光で満たします。
すると、光が体内にも充満するようになり、その光が細い糸の網を編むようになります。
そして、体の回りにも光の網目が張り巡らされるようになります。

・5日目:心臓の神経叢を端正に整え観察せよ

心臓部の神経叢を静かに整えて、ここに新しく眼を一つ作り、頭部の8つの眼と向かい合わせます。
すると、頭部の眼から光が溢れ出るようになります。

・6日目:盾と秡(楽器のはつ)を打ち合わすが如く

脳と身体の光が激しく動き、全身に無数の眼が出現して睨み合い、そこから放たれる光がぶつかりあって火花を放つようになります。
そして、視床下部の当たりから光の雲が広がり、渦をなして7色のスペクトルに分かれて回転し、そこから光の塊が飛び出して空間に浮かびます。

・7日目:仙人の蹲踞(そんきょ)法で見る

仙人の蹲踞法は、体を丸くしてしゃがむ、または膝を折り立てて腰を落とした立膝をつく座法です。
これまで作ったすべての眼で周囲の暗黒を凝視し、そこが清浄な法界に変容していると想います。


「暗黒のヨガ」を行うと、自分の本質が光であると知るようになります。
また、大きな慈悲心が沸き起こって、すべての有情との同質性を感じるようになります。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

morfo

Author:morfo
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR