fc2ブログ

チュー

チューはチベット仏教で行う観想法です。
自分自身の肉体を切り刻んで、仏神や魔物に捧げる観想行です。
これはシャーマニズムのイニシエーションに起源を持つ行です。
チューはチベットで最も有名な女性密教者のマチク・ラプドンが生み出し、主に乞食同然の遊行の修行者が行ってきました。
チューは高度な密教体系に属しますが、ニンマ派の密教の「ロンチェン・ニンティク」の加行にはこの行が組み込まれています。
チューは夕暮れ時に、墓場など魔物が集まるような恐ろしい場所で、魔物達を呼び集めてから行います。
チューの観想にはいくつかのヴァリエーションがありますが、その中の一つを紹介しましょう。

まず、胸のチャクラの光のティクレ(心滴)の中に黒いダキニがいます。
ダキニは中央の気脈を通って頭上の空間に飛び出ます。
これとともに、意識も飛び出て自分自身がこのダキニになります。
すると、自分の肉体は冷たい死体となって地面に倒れ、これが宇宙大に拡大します。
ダキニとなった自分は、曲刀で死体の頭蓋骨のまゆ毛のあたりを切り裂きます。
この時、自分の煩悩・フ根元を断ち切ったと考えます。

次に、この頭蓋骨を鍋に見立てて、その中に死体を入れて煮ます。
すると、死体は溶けて、死体にこびれついていた汚れは鍋からあふれ出て、清浄な甘露だけが残ります。鍋の上には白く冷たい種子のハム字があって、甘露の湯気に触れると、ハム字から甘露が溶け出して鍋の中にしたたり落ちます。2つの甘露は混じり合いながら、増え続けます。甘露はマントラによって浄化され、魔物や動物などが欲しがるどんなものにも変化できる力を得ます。

ダキニである自分の前には、諸尊や相承の師達が集まっています。
そして、諸尊の下方には魔物やあなたが過去に何らかの負債を負ってきた輪廻の生き物達が、この甘露がふるまわれる宴席に集まっています。

まず、師、仏、菩薩達が、次に守護神達が、そしてダキニ達や護法神達が光のストローで甘露を吸い上げます。
この供養によって、自分の汚れや障害が清められます。

最後は、魔物や生き物達の番です。
ダキニである自分の胸から様々な色の多数のダキニ達が現れて、甘露を配ります。
甘露はそれぞれの生き物達が望むもの…食べ物、衣服、お金、若さ、子供、などあらゆる物に変わります。

その後、再度鍋の中の甘露が煮立って、湯気の中から、あざやかな光線と虹が立ち昇って、その先端に吉祥の品々を乗せた供物の白雲が現れます。
この供物を諸尊に捧げると、諸尊は大地に群がる者達に光を送って、様々な煩悩や障害を取り除きます。

臆病だったり病弱だったりするためにまだ甘露を受け取っていなかった者達に、残りの甘露をふるまいます。甘露は薬、健康な身体器官などに変わります。
こうして、すべての生き物は救われて、観世音菩薩やターラー女神に姿が変わって行きます。

そして最後には、魔物達も含めて、自分自身も、すべてはア字に、次には青空の中に溶け込んでしまいます。
なるだけ長く、この三昧の中に留まります。

チューではすべての魔物達は自分の外にいるのではなくて、自分の利己的な自我が生み出したもので、自分の心の中にいると考えます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

我 チンナマスター

テクチューという段階が、チューと親和性があるのですかね。
それと、我 チンナマスター てやると、チューと、近似してます。
ねらいは、戯論の殲滅 と、その真逆の、作為自在。

Re: 我 チンナマスター

季周快林さん、コメントありがとうございます。


どちらの「チュー」も「切断」の意味ですから、つながりはありますね。
「テク」は「ゆるやかに」です。

どちらかというと、
チューは自我意識や自分の身体への執着(人無我)を断つもので、
テクチューは、法無我を断つ、というかそういう限定のないものでしょうか。

ただ、ゾクチェン(ロンチェン・ニンティク)では、チューは加行として行うもので、
チューは本行で、日常の中でも続けるものですから、段階は異なります。

ちなみに、
テクチューの源は、シャーマンのイニシエーション時の解体のヴィジョンで、
チンナマスターの神話の源は、豊穣地母神の死と再生にあるのではないかと思います。

ですが、両者が、密教においては、同種の象徴として解釈・再構築されたのだと思います。

プロフィール

morfo

Author:morfo
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
QRコード
QR