スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諸技法の分類・図式化

「はじめに」のカテゴリでは、様々な瞑想法の種類について書いてきました。
しかし、このサイトや姉妹サイトでは、瞑想法以外にも、一般に「夢見の技術」と呼ばれるものや、心理療法、魔術など、様々な精神技術を扱っています。

各種の精神技法の全体像と、それぞれの本質を分かりやすく理解するために、私なりに、ざっくりと、分類して図示してみます。


分類、チャート化するに当たって、2つの軸を設定して考えました。

一つの軸(縦軸)は、「意識化」⇔「変性意識化」です。

「意識化」は、心などを観察してそれを意識化するという性質が重要なものです。
ここで扱う精神技術は、いずれも変性意識的な側面があるのですが、中でも、同時に、意識化を重視するものがこれに当たります。
「変性意識化」は、日常とは異なる意識状態になることが重要なものです。

もう一つの軸(横軸)は、「操作的」⇔「自然的」の軸です。

「操作的」は、「作為的」、「介入的」とも表現できますが、意図して何からの方向に心を変える方法です。
「自然的」は、「自発的」、「無作為的」とも表現できますが、意図せずに、心が自然に生まれ、変化するように仕向ける方法です。
私の考えでは、「操作的」な技術は「方法的」なもので、「自然的」な技術はその状態自体が「目的的」なものです。

瞑想法チャート

第1象限は、あるがままの心を意識することで、それを自然な状態のうちに、変化・発展させようとする技術です。自然な心のありようを、信じ、重視する思想がもとになっています。

カウンセリングの「クライアント中心療法」は、比較的日常意識に近いところで自分の心を自覚しますが、「ゾクチェン」では、日常的な意識を保ちながらも、通常は変性意識状態でないと自覚できない心のレベルをも意識し、それを自由にします。


第2象限は、あるがままの現実(心)を認識することで、誤解や執着を取り除こうとする技術です。

第1象限の「ゾクチェン」では、自覚する対象(表象)を自由にさせるのに対して、第2象限の「ヴィパッサナー瞑想(観)」では、自覚した対象(表象)は、誤解に基づくものであれば、それを消滅させ、執着を失くすので、この点で操作性があります。


第3象限は、変性意識状態、つまり、無意識的な心の状態に入って、心を意図的に変えていく技術です。

サマタ瞑想(止)」は、対象に集中することで、心を静めたり、集中力を養ったり、教義を体得したり、特定の心を成長させたりするためのものです。
観想法」も方法としては似ていますが、象徴性の高いイメージを作為してそれを対象にします。
目的としては、やはり、教義を体得したり、特定の心を成長させたりするのですが、象徴的機能が働く夢的意識状態で行い、無意識を通して心を変化させる傾向が高い方法です。
イメージ療法(暗示)」などは、トラウマをなくすために記憶を書き変えたり、成長目標を達成するために目標イメージを描くものです。
「魔術」は、象徴体系を無意識に形成し、それを操作する技術ですが、主に、特定の心を成長させたり、無意識に特定の活動をさせるために行います。


第4象限は、変性意識状態、つまり、無意識的な心の状態に入って、その心を自発的に発展させるものです。

フォーカシング」や一般的な「夢見の技術」では、夢の意識状態でこれを行います。
プロセス指向心理学」では、夢の意識状態と、さらに深い直観の意識状態と、日常的な意識状態の間を行き来することを目指します。
「フォーカシング」や「プロセス指向心理学」は、もともと心理療法なので、治療的意識を持って行われることが多いのに対して、「夢見の技術」は、様々な目標がありますが、夢を通して、心の自然な成長を目指すのが基本です。
西洋魔術の「パスワーキング」は、象徴体系を利用して、一定の方向性で夢見を行い、特定の能力を成長させます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

morfo

Author:morfo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。