スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストーキング(メキシカン・トルテック)

「トルテック」は、テオティワカンやトルテカの伝統を受け継ぐと思われる、メキシコ高原のシャーマニズムの思想です。
ハワイの「フナ」とともに、精神的な探究をしている人たちから注目を集めています。

一般に「トルテック」というと、カルロス・カスタネダとドン・ミゲル・ルイスの一連の著作で知られています。
しかし、前者はフィクションであるとの疑いが濃厚です。
後者もどこまでが伝統的なものかは分かりませんが、彼とその弟子達の著作をもとに、「トルテック」の瞑想法を紹介します。

まず、「棚卸しの瞑想」をお読みください。
「棚卸し」が過去の体験を対象にするのに対して、この項で紹介する「ストーキング」は現在の体験対象にして行う瞑想的方法です。

「ストーキング」では、「ジャガー」や「狩人」のようになるのだと表現されます。
つまり、捕食動物や狩人が、注意深く獲物を追跡し続けるように、現在、自分が行っている行為、思考、心の反応に集中して、気づきを持続します。
ハワイのフナの「融合の瞑想」ゾクチェンの瞑想、仏教の「ヴィパッサナー瞑想」と似ています。

「ストーキング」は「棚卸し」と同様にパラサイトによって限定された状態から抜け出して、あるがままに自由になるための方法です。
ですから、「ストーキング」を行う方法は、「棚卸し」で使う方法とほとんど同じです。

違いは、「棚卸し」は過去の体験の記憶が蘇った時に行うか、そのための時間をとって意図的に思い出しながら行うのに対して、「ストーキング」は原則として常に現在の体験に対して行うように心がけるという点です。

ですから、3つの技術(気づき、変容、愛)があり、5つのポイントがあります。
そして、愛の技術では、肉体への感謝、自我を殺すこと、他人や自分を許すことなどが重要です。

一般に、「ストーキング」は、意識的に対象を選んで行うものではないでしょう。
しかし、「ストーキング」を行うの最初の段階では、肉体を対象に選んで感謝をすることが推奨されます。
意図的に、まず、肉体やその感覚に意識を集中します。
そして、生きている悦びを感じるようにします。
体との愛の関係を結ぶことができると、それをもとに、すべての存在との関係に延長することが容易になるからです。

また、体の各部位を順に意識しながら、そこに眠っている感情を解き放ちます。
詳しい方法は分からないのですが、おそらく、その部位から何かフィーリングやイメージを感じたら、それをしっかり味わって体験します。
否定的な感覚であれば、それを肯定的なイメージ、感覚の方向に誘導します。

例えば、胸を意識した時に、なんらかの圧迫感を感じたら、その圧迫感をしっかり体験し、それによって自分の何かを変えることで、圧迫感がなくなっていくようにします。

また、自我を殺すことは、「死への入門」あるいは「死の天使への降伏」と呼ばれます。
しかし、否定的・虚無的な体験ではなく、今の瞬間を楽しむことです。
そして、過ぎたもの、変化するものに執着しないようにします。

このように、対象に対して愛を向けるとか、感謝するとか、楽しむというのは、例えば仏教(初期~南伝)のヴィパッサナー瞑想とは異なっていて、シャーマニズムの現世肯定的な思想がよく理解できます。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

morfo

Author:morfo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。