スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィギャン・バイラヴ・タントラ

『ヴィギャン・バイラヴ・タントラ』は、日常的な意識を超越するための112の方法を、シヴァがその伴侶のデヴィに語る形で、詩文の表現で述べた聖典です。

禅を修行したアメリカ人ポール・レップスによって西洋世界に紹介され、バグワン・シュリ・ラジニーシ、一部のグルジェフの弟子達によって、評価されて有名になりました。
ヒンドゥー教のタントラ系と思われる聖典ですが、制作年代など詳細は知りません。

内容は、基本的にはタントラ(&後期密教)や古典的な瞑想法やゾクチェンと同じタイプのものです。
方法や表現などが面白いと思えるものもありますので、112の方法の中から、テーマごとに抜き出して紹介します。


<空白の瞬間>

83. 「欲求の生じる前、認識の生じる前、私は在ると言えるだろうか? これに注意を向け、美しいもののなかに融け入りなさい」
28 「自分の力または知識が徐々に失われていくのを想像しなさい。すべてが失われる瞬間に、超えなさい」
55 「眠りに入る瞬間、眠りはまだ訪れていないが外界への覚醒は失われたとき、その瞬間に存在が見いだされる」

心の要素が現れる前、消滅した後、要素と要素の隙間を意識することは、ゾクチェン他でも行われます。


<青空>

33  「ただ雲の彼方の青空を見つめ、平穏を知る」
73 「夏空が見渡すかぎり晴れ上がっている時、その澄み切った中に入っていきなさい」

青空の瞑想はゾクチェンやアボリジニーも行います。


<闇>

35 「深い井戸の縁からその深みをじっとのぞきこみなさい、驚くべきことが起きるまで」
76 「雨の降る闇夜、あらゆる体(形)の母体としての、その闇の中に入っていきなさい」
77 「月のない闇夜でないなら、目を閉じて眼の前に暗闇を見つけなさい。目を開けた時、暗闇を見なさい。永遠に過ちが消滅するように」


<空なる体>

93 「あなたの現在の体のどこかの部分を、無限の空間として考えなさい」
109 「あなたの受動的な体を皮膚に包まれた空っぽの部屋と見なしなさい 。空っぽであると」

後期密教でも、気のコントロールを行う瞑想に入る際に、似た瞑想を行います。


<立ち上がりの瞬間>

25 「何かをしたいという衝動を覚えた瞬間、そこに留まりなさい」
26 「何らかの欲望が訪れたとき、それに注意を向けなさい。そして突然、それを忘れなさい」
103 「欲望の生まれる最初の瞬間、認識の生まれる瞬間に全面的な注意を向け、知りなさい」

認識や欲望の立ち上がりの瞬間を意識することは、ゾクチェンや一部の禅でも行います。
生成変化そのものを肯定し、それが固定化されることを否定する思想です。


<エネルギー>

49 「感覚が木の葉のように震わされる抱擁の中、この震えの中に入りなさい」
57 「激しい欲望の最中に、平穏でいなさい」
67 「ここは変化、変化、変化の空間だ。変化によって変化を消尽しなさい」

感覚を活性化させるタントラの特長的な思想です。


<五色>

13 「無限の空間の中、孔雀の尾の五色の輪が、あなたの五感になったと想像しなさい。そしてその美しさを内側に溶かしなさい…」

感覚を根源的な五色、五元素に還元し、活性化するのは、密教やゾクチェンにもある方法です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

morfo

Author:morfo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。