スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四界差別観(四界分別観)

「四界差別(四界分別)観)」は、初期仏教~現代の上座部で、重視される代表的な瞑想法の一つです。

部派仏教では、「止(サマタ)」という集中する瞑想に分類されるようになった瞑想法ですが、本来は、「観(ヴィパッサナー)」という観察する瞑想の要素が強い方法でしょう。

基本的に、「四界差別観」は、五蘊の色身、つまり、体などが四大元素の「地」、「水」、「火」、「風」に過ぎず、どれも「私」ではないことを知る瞑想法です。
四大元素というのは象徴的な存在で、我々が日常で言うそれとは違います。
「地」は硬さの性質を持つ存在、「水」はつながりのある性質の存在、「火」は熱を持つ性質の存在、「風」は推進する性質の存在です。
四界差別観は「近分定」、つまり、外的な感覚のない内的なイメージ(取相)のみを意識に保持できる状態で行うとされるようになりました。


まず、「原始仏典」の中部 『界分別経』の方法を紹介します。
この方法は「観」の瞑想です。

まず、髪、毛、爪、歯、皮・肉、筋、骨、脊髄、腎臓・心臓、肝臓、肋膜、脾臓、肺臓・腸、腸間膜、胃物、大便、脳髄の20の身体部分が、内なる固く粗い「地」の要素であり、「私」ではないと観察します。
外の「地」の要素も同様に観察します。

次に、胆汁、痰、膿、血、汗、脂肪・涙、脂肪油、唾、鼻液、間接液、小便の12の身体部分が、内なる水の水と化す「水」の要素であり、「私」ではないと観察します。
外の「水」の要素も同様に観察します。

次に、それによって熱せられ、老化され、焼かれ、飲食消化されるもの、その他の、内なる火の火と化す「火」の要素であり、「私」ではないと観察します。
外の「火」の要素も同様に観察します。

最後に、上向きの風、下向きの風、腹の外の風、腹の内の風、四肢に向かう風、出息、入息、その他の、内なる風の風と化す「風」の要素であり、「私」ではないと観察します。
外の「風」の要素も同様に観察します。


次に、南伝仏教の最大の聖典、修行指導書である『清浄道論』に沿って説明します。

賢い人は、身体に四大元素が存在すると、順に4種の瞑想するだけで良いとされます。
しかし、普通の人は、次のように瞑想します。

・具体的に略して
身体を4つの部分が、それぞれ四界であると思念します。

・具体的に詳細に
身体の32の各部分(42種)を、別々に四界に分別して思念します。

・抽象的に略して
身体を4つの部分それぞれに、四界があると思念します。

・抽象的に詳細に
四界のそれぞれの中にも、他の三界があると思念します。

さらにそれぞれを、13種類の観点(言葉・集合・原子・特徴・現れ・多と一・分解と分解なき・部分を共にするしない・内外・包摂・縁・集中・縁の区分)から四界を思念します。


次に、現代のミャンマーで行われているパオ流の「四界差別観」について、少し説明します。

パオ流では、まず、身体のある部分で、その後に全身の各部位で、四界の12の特徴を識別します。
具体的には次の通りです。

・地界:硬さ、粗さ、重さ、柔らかさ、滑らかさ、軽さ
・水界:流動性、粘着性
・火界:熱さ、冷たさ
・風界:支持性、推進性

最初のどの部分で感じるかは、例えば、次の通りです。

・推進性:呼吸する際の頭部中央
・硬さ:歯
・粗さ:舌で歯の先端
・重さ:ひざの上に置いた手の重さ
・支持性:直立した時の直立させる力
・柔らかさ:舌で唇の内側
・滑らかさ:舌で湿らせた唇を
・軽さ:指を上下させて
・熱さ:全身
・粘着性:皮膚、筋肉、腱など
・流動性:唾液

次に、12の特徴を四界にまとめて識別します。

集中が増して近行定になると、「ニミッタ(相)」と呼ばれる光が現れます。
この透明な光の中の空界の中に微細な「色聚(ルーパ・カラーパ)」を識別します。

この段階に到達することを「心清浄」とします。
ここまでが「止(サマタ)」の瞑想です。
その後、「色聚」の中のさらに細かい色法を分析する段階からが「観(ヴィパッサナー)」の瞑想になります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

morfo

Author:morfo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。