スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四梵住(四無量心)

「四梵住(四無量心)」は、初期仏教~現代の上座部で、重視される代表的な瞑想法の一つで、一般に「止(サマタ)」という集中する瞑想に分類されます。

「四梵住(四無量)」は、「慈(思いやり)」、「悲(いたわり)」、「喜(喜びのわかちあい)」、「捨(心を動かされない)」の4つの感情的態度を養う瞑想です。
それぞれ、「○梵住」とか、「○慈心観」と呼ばれることがあります。


まず、「原始仏典」、パーリ長部の「三明経」に説かれた方法です。

最初に、「慈の心」を、(前後左右の)一つの方向に満たします。
ホラ貝吹いた時に音が広がるように満たすと、表現されています。

次に、同様に、二つ目、三つ目、四つ目の方向に満たします。

続いて、上下に、横に、一切の領域に、一切処に、一切の者に、世界中に、広く、大きく、無量に、怨みなく、怒りなく、満たします。

次に、同様の方法で、「悲の心」、「喜の心」、「捨の心」で行います。

以上です。


次に、南伝仏教の最大の聖典、修行指導書である『清浄道論』の方法です。

「慈」、「悲」、「喜」は第三(四)禅、つまり、思考なしに「楽」だけを感じで描いた対象と一体化した状態で行います。
また、「捨」は第四(五)禅、つまり、思い描いた対象と一体化するだけの状態で行います。

他に特徴としては、最初に自分を対象に行って、徐々に対象とする人を広げていくことです。

まず、「慈」ですが、他人に対して「慈しみ」を感じるように作為する瞑想です。
最初に、自分を対象にして行います。
その後は多くの人を対象に広げていきますが、初心者は、好きでない人、親愛する人、無関係の人、怨恨のある人、異性、死人を避けます。
最初に自分を対象にするのは、自分が安楽を望むようにすべての生物も安楽を望むのだと理解するためです。
次に、自分、好きな人、普通の人、嫌いな人の4種の人々に平等に「慈しみ」を送れるようにします。
そして、対象を広げて、「慈しみ」をすべての方向に、すべての世界に「慈」を満たします。

次に、「悲」は、他人に対して「同情」を感じるように作為する瞑想です。
最初は不幸な人を対象にして行います。その後、愛する人、無関心な人、怨恨のある人を対象に広げていきます。
異性、死人は避けます。
「慈梵住」同様に、4種の人々に平等に「同情」を送れるようにし、対象を広げて、すべての方向に、すべての世界に「同情」を満たします。

次に、「喜梵住(喜心観)」は他人に対して一緒に喜ぶように作為する瞑想です。
最初は最愛の人を対象にして、次第に好きな人、無関心な人、怨恨のある人を対象に広げていきます。
異性、死人は避けます。
同様に、4種の人々に平等に「喜び」を送れるようにし、対象を広げて、すべての方向に、すべての世界に「喜び」を満たします。

最後に、「捨梵住(捨心観)」は他人に対して無関心でいるように作為する瞑想です。
これまでの3つの梵住が感情的反応に近いという弊害を理解して、「捨梵住」を初めて第四(五)禅で行います。
最初は好きでも嫌いでもない人を対象にして、次第に愛する人を対象に広げていきます。
同様に、4種の人々に平等に「無関心」を送れるようにし、対象を広げて、すべての方向に、すべての世界に「無関心」を満たします。


次に、現代のミャンマーで行われているパオ流の「四梵住」について、少し説明します。

その特徴は、それぞれで、言葉を使って具体的に限定した念じ方をすることと、集中した瞑想によって現れる光(ニミッタ)を利用することです。

「慈心観(慈梵住)」の場合は、「危機がないように」、「精神的苦痛がないように」、「肉体的苦痛がないように」、「平安で楽しくあるように」という4つを念じます。

他人に念を向ける場合は、「白遍」などの第四禅の光(ニミッタ)を現しながら、その光を放射し、前方1メートルくらいに、その光の中に対象を見ます。 

また、対象を広げて、最終的には、「5種類の無限定の遍満」と「7種類の限定的遍満」に対して、先の4つの念を拡大させ、それぞれで10の方向に遍満させます。
ですから全部で12×4×10の遍満を行います。

「5種類の無限定の遍満」は、一切の有情、一切の命ある者、一切の生物、一切の個人、一切の個体、です。

「7種類の限定的遍満」は、一切の女性、一切の男性、一切の聖者、一切の凡夫、一切の天神、一切の人類、一切の悪道衆生、です。

同様に、「悲心観(悲梵住)」の場合は「苦痛から逃れられるように」と念じます。

「喜心観(喜梵住)」の場合は「得ることができた成果を失うことがないように」と念じます。

「捨心観(捨梵住)」の場合は、先の3種類の梵住の弊害が感情的な作用に近いことを考えて、「この人は自分が作った業の受け取り人である」と念じます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

morfo

Author:morfo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。