スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マハームドラー

「マハームドラー(チャクチェン、大印契)」は、インドの後期密教の思想体系で、チベットではカーギュ派が伝承しています。
インドのティロパからナーローパー、そしてチベット人のマルパ、ミラレパ、ガムポパと伝承されてきました。  
「マハームドラー」は、ニンマ派が伝承している「マハーサンディ(ゾクチェン、大究竟)」と似ていて、「あるがまま」を重視します。

「あるがまま」というのは、あるがままを認識することではなくて、心のあり方に関して、一切コントロールせずに、現れたものを、そしてそれが変化することをそのまま肯定するという考え方です。

しかし、煩悩のある心をそのまま肯定するということではありません。
マハームドラーとゾクチェンでは少し違いますが、マハームドラーでは、煩悩のない清浄な心が自然に現れることを目指します。

ですから、一般の密教のように、尊格や象徴的を観想しません。
顕教の止観の瞑想法に似ていますが、違います。


「マハームドラー」の代表的な行法は、「倶生結合」と呼ばれます。
「倶生結合」は、「四加行」、「副次的修行」、「正行」、そして「後行」から構成されます。

「倶生結合」の中心的な瞑想法は、「正行」である「四ヨガ」です。
これは「一点集中(止)」、「無技巧(観)」、「双修(一味)」、「無修」からなります。

最初は「一点集中」と呼ばれる「止(サマタ)」的な瞑想で、普通の座禅に近い方法です。
心に雑念が現れると、それをただ観察します。
すると、自然に心は静まっていきます。
やがて、何も心の現れのない不動の心の本質の状態にまで到達します。

2つ目の「無技巧」は、「観(ヴィパッサナー)」的な瞑想です。
何もない心の本質から、イメージや概念などの心の活動が現れるのを、あるがままに観察します。
そして、それが実態のない「空」なる存在であると理解します。

3つ目は「双修」あるいは「一味」と呼ばれる、これも「観」的な瞑想法です。
不動の心の本質と心の活動の現れが、一体であるであることを理解します。
つまり、何もない心の本質は、常に活動して様々な心を現す、ということです。
また、煩悩のない清浄な心の現われと、煩悩によって起こる不浄な心の現われが、異なるものではないことを理解します。
つまり、どちらも同じ何もない心の本質から生まれた、実体なきものだということです。

4つ目は「無修」と呼ばれる瞑想法です。
しかし、瞑想法というより、これまでの瞑想によって到達する境地です。
この段階が、「マハームドラー」の境地になります。
ですから、意識的なコントロールなしに、清浄な表われだけが現れ続けます。
その状態を保つ瞑想です。


また、「五観想法」と呼ばれるマハームドラーの瞑想法があります。
「観想法」と言いますが、「止観」の瞑想法で、下記のように行います。

1 心の本質が、内にも外にもなく、空であることを理解する
2 自分の心があらゆるものの根源であると理解する
3 意識的なコントロールなしに、心の流れを観察する
4 心に現れたものを、ただそのままに観察することで、無概念な状態になる
5 思考が現れると、すぐに他の思考に移すことで、概念が現れると同時に解かれて、光明である法身となる

「四ヨガ」と似ています。
特徴的な瞑想法としては、思考などの雑念が現れた時に、すぐに他の思考に意識を移すことで、概念が現れると同時にそれを消滅させます。
そして、その現れては消滅する概念が、仏身や光と同じような、清浄な存在になったことを理解します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

morfo

Author:morfo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。