スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャリーラ・プレークシャー

ジャイナ教のテーラーパンタ派で実践されている「プレークシャー・ディヤーナ」という瞑想法から、その4番目の段階の瞑想法である「シャリーラ・プレークシャー」を紹介します。
この瞑想によって、体全体のエネルギーの流れを良くします。


先に書いたように、「プレークシャー・ディヤーナ」は、次の6段階の瞑想から構成されます。

1 「カーヤ・ウトゥサルガ(ウッサッガ」」:完全なリラックスを行うための瞑想
2 「アンタル・ヤートラ」:意識を脊髄に沿って上下させる瞑想
3 「シュヴァーサ・プレークシャー」:呼吸を知覚する瞑想
4 「シャリーラ・プレークシャー」:身体の感覚を知覚する瞑想
5 「チャイタニヤ・ケーンドラ・プレークシャー」:チャクラの瞑想
6 「レーシュヤー・ディヤーナ」:霊的なカラーの瞑想


まず、脳に意識を向けて、前頭葉から、左脳、右脳、脳全体と、順次その波動・エネルギーを感じていきます。

次に、目、耳の各部分、鼻、口を順次、意識して、そこに流れている波動・エネルギーを意識します。

同様に、胸、肺、心臓、胃、腎臓、肝臓、膵臓、小腸、大腸、肛門を順次、意識して、その波動・エネルギーを意識します。

次に、全身を一つのものとしてイメージし、すべての器官が調和しているのと感じます。

次に、体の内側に意識を向けて、明るい部分、暗い部分を感じます。
その明るい部分が、様々に変化している様子(炎のように立ち上る光、泉のように湧いてくる光、火花のようにスパークする光…)を感じます。

次に、動いている光のもう一つ内側に光を見ます。
その光に、静止した、均一な、おだやかで平和な光を感じます。

3回、深呼吸をします。


次に、顔の表面全体の皮膚に意識を向けます。
次に、表面の気を、意識と共に、後頭部に移動させながら、その波動・エネルギーを感じます。
再度、気を頭の前面に移動させます。
次に、頭の左側に移動させます。
次に、右に移動させます。
そして、頭の中心部に動かします。
それを頭全体に均一に行きわたらせます。
そうしながら、細かく、内部感覚を意識します。

次に、頭と同様に、順次、喉、胸、腹、についても行います。
前から後ろ、左から右、中心から全体へと意識と気を移動してそれを感じます。

次に、頭、首、胸、腹で同時に行います。

最後に、エネルギーが黄金色に輝いているとイメージします。
黄金色が体全体に広がり、一つ一つの細胞の奥深くへ浸透していくのを感じます。
黄金色が体のすべての表面から噴き出して、四方八方へ放射されているのを感じます。
そして、宇宙全体の生物が調和に満ちているとイメージします。

3回、深呼吸します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

morfo

Author:morfo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。