FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに (目次)

「瞑想」と言っても、「心を落ち着ける(集中する)瞑想」、「あるがままに観察する瞑想」、「思考する瞑想」、「一切の思考をなくす瞑想」、「すべてを意識化する瞑想」、「言葉を繰り返し唱える瞑想」、「イメージを思い描く瞑想」、「気をコントロールする瞑想」、「体を動かしながらの瞑想」…など様々です。

世界の諸宗教・諸宗派の瞑想法の中から、興味深いと思った瞑想法を紹介します。
いずれも本格的な瞑想法で、世界文化遺産を認定するようなつもりで選びました。

なるだけ実践的に瞑想法を紹介しようと努めましたが、同時に、思想的な側面にも触れていますので、世界の様々な伝統的な思想や、その違いについても理解していただけると思います。


一応、最初の予定は書き終えましたが、随時、加筆したり、推敲します。

* このブログの記事をもとに瞑想を独習して、どのような結果になっても一切責任は負えません。
  実習は専門書や専門の師の指導の元に行うことをおすすめします。
  ただ、内容についてのご批判には真摯に対応します。

* 姉妹サイトで、体系化された瞑想法を扱った「仏教の瞑想法と修行体系」、瞑想法とはちょっと違う「夢見の技術」などもお読みください。

* FC2をめぐる状況を鑑みて、ブログをコピーしました。このFC2版を削除する予定はありません。
http://blog.livedoor.jp/morfov/




==もくじ==

◇はじめに
瞑想の種類
集中する瞑想  ・観察する瞑想  ・あるがままの瞑想
イメージする瞑想の基本  ・気をコントロールする瞑想
諸技法の分類・図式化

◇初期仏教~上座部仏教
安般念(出入息念)  ・四界差別観(四界分別観)
四梵住(四無量)  ・四禅(色界定)  ・四無色(無色界定)
聚思惟 
ヴィパッサナー瞑想(マハーシ流)

◇大乗仏教
「因果の七秘訣」と「自他交換」の瞑想(中観派) 
空観(中観派)  ・唯識観(唯識派)  ・トンレン

◇中期密教
阿字観(真言宗)  ・五相成身観(金剛頂経)

◇後期密教
金剛薩埵の瞑想(ゲルグ派)  ・六座のグル・ヨガ(ゲルグ派) ・チュー
秘密集会 生起次第  ・秘密集会 究竟次第
チャンダリーの火  ・カーラチャクラ究竟次第

◇ゾクチェン・マハームドラー
マハームドラー四次第
ゾクチェンのグル・ヨガ  ・セムデ(ゾクチェン)
テクチュー(ゾクチェン)  ・トゥゲル(ゾクチェン)

◇中国仏教・禅
一念三千の瞑想(中国天台宗) 
無字の公案の瞑想(臨済宗)  ・只管打座(日本曹洞宗

◇ヒンドゥー教
古典ヨガとサーンキヤ哲学の六行観  ・ジュニャーナ・ヨガ(ヴェーダーンタの瞑想)
カルマ・ヨガ  ・バクティ・ヨガ
真我探究とニサルガ・ヨガ(ラマナ・マハリシとニサルガダッタ・マハラジ)

◇ヒンドゥー・タントリズム(ハタ・ヨガ)
ハタ・ヨガ(ナータ派ヨガ)とは ・クンダリニー・ヨガ  ・ナーダ・ヨガ 
ディヤーナ・ヨガ  ・ラージャ・ヨガ
マントラ・ヨガ(ジャパ・ヨガ)  ・ヤントラ瞑想法(チャクラ・プージャー)
ヴィギャン・バイラヴ・タントラ
アイアンガー・ヨガ  ・ヴィンヤサ・ヨガ(アシュタンガ・ヨガ)

◇ジャイナ教
カーヤ・ウトゥサルガ  ・シャリーラ・プレークシャー  ・レーシュヤー・ディヤーナ

◇道教(仙道)
太陽存思法  ・解結と養胎の存思法
小周天(内丹法1)  ・大周天(内丹法2)  ・女丹(内丹法3)

◇イスラム教(ス-フィズム)
ズィクル

◇ユダヤ教(カバラ)
逆向き瞑想  ・メルカーバーの観想  ・セフィロートとアルファベットの瞑想

◇古代哲学
3つの道(プラトン主義)

◇キリスト教
ヘシュカズム(ギリシャ正教)  ・十字架のヨハネ(カトリック)

◇近代西洋オカルティズム
霊的認識の準備のための3つの瞑想(シュタイナーの人智学)
生まれなき者の儀式(ゴールデン・ドーン)
カバラ十字の儀式とアダム・カドモンの観想(ゴールデン・ドーン)
五芒星形の小儀式と4大天使の召喚(ゴールデン・ドーン)
中央の柱(ゴールデン・ドーン)
アイテール界の上昇(ゴールデン・ドーン)
グルジェフ・ワーク

◇古神道
鎮魂鳥居の伝(川面凡児)

◇シャーマニズム
融合の瞑想(ハワイアン・フナ)  ・記憶の書き替え(ハワイアン・フナ)
棚卸しの瞑想(メキシカン・トルテック)  ・ストーキング(メキシカン・トルテック)

◇補助的な技法 
セルフ・カウンセリング ・自己催眠とイメージ暗示 ・洗脳の防御法
禅病の治療法




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

質問。禅は瞑想?

瞑想にちょっとだけ関心がある者です。
充実したないように驚きました。
初歩的な質問ですか,禅は瞑想でしょうか。
また瞑想だとしたら,瞑想の分類のどこに入るのでしょうか。?
暇なときでかまいません。教えてください。

Re: 質問。禅は瞑想?

コメントありがとうございます。

「禅」という言葉で何を意味されているのか分かりませんが、一般的に言えば、「禅」は「瞑想」の一種と言って良いと思います。

「禅」という言葉の原語は、「ディヤーナ」というインドのサンスクリット語です。

この言葉は、仏教では、何かの「対象と集中・一体化してそれを持続する」心の状態を意味します。
仏教では「止観」の「止」という瞑想法に分類されます。
「ヨガ・スートラ」では、8段階の7段階目で、「対象の一つの性質に集中」した心の状態という意味になります。
当サイトの大きな分類で言えば、「集中する瞑想」になります。

日本では「禅」というと、「座禅」のことだったり、広義では禅宗の思想、修行法、生き方を指すこともあると思います。
日本の「座禅」の瞑想法は、先に書いた「ディヤーナ」が中心ですが、必ずしもそれだけではないと思います。

仏教の瞑想法の基本である「四禅」の瞑想法は、http://morfov.blog79.fc2.com/blog-entry-63.htmlをご覧ください。

日本の禅宗の瞑想の分類に関しては、姉妹サイトのこのページ http://ameblo.jp/morfo/entry-10814135474.html のコメント欄もご参照ください。

No title

ありがとうございます。
禅という言葉も曖昧なまま質問して申し訳ありませんでした。
余談になりますが最近では瞑想法によって,活性-化抑制される脳の部位の違いがfMRIやSPECTでがわかるようになったきたようですね。
:morfoさんは、瞑想を科学の対象にすることをどう思われているのかは知りませんが,少なくとも、私にはそんな時代にこそ、このブログは,脳科学の進歩にも役立つと考えます。。
また 寄らせていただきます。


素晴らしい 良くまとめましたね

古神道 「霊動法」 よければ調べてみてください あと生長の家の 「神想観 」 も 素晴らしい瞑想だと思います。

シーターヒーリング は とても面白かったですので よければ調べてください ホオポノポノも面白いので 良ければ調べてみてください

Re: タイトルなし

情報、ありがとうございます。

シーターヒーリングはとても多様でハイブリッドなようですね。
ヴァイアナさんは、「あなたの身体は元気で強いのだ。身体を祝福し、励ましなさい。身体がヤル気を失うようなことはしてはいけない。」という言葉を受けたようですが、シャーマン的な思想を感じます。

ホオポノポノは、ハワイアン・シャーマニズムなので、良く知っていますが、祈りや心の姿勢に近いところがありますね。
こういうことも含めて、シャーマニックな「伝統の智慧」を扱ったサイトも、時間ができたら(リタイアしたら)作ろうと思っています。

Re: 素晴らしい 良くまとめましたね

情報、ありがとうございます。

詳しくは知りませんが、「霊動法」は、本田親徳の「鎮魂帰神法」や田中守平の「霊子療法」などを含めて、私の定義を当てはめれば、「瞑想法」というより「夢見の技術」に近いんじゃないかと思います。
自然に生まれるものを扱うのは後者と考えていますので。

元をたどって、もっと大きく見れば、シャーマニックな神憑り(憑霊)的な儀式・芸能全般もそうですね。
それが、様々な時代に、様々な方法で、技術として形式化がされていったのかもしれません。
野口体操の「活元運動」もそういう脱宗教化の一つでしょうかし、芸術の方向では、脱宗教化すると、即興舞踏や即興演奏も、同じだと思います。

「神想観」は、特定の宗教・宗派の色を感じさせない方法だと感じました。

ありがとうございます

こんにちは、仏教の瞑想法と修業体系の方から来ました。
こちらのサイトの方が新しいようなのでこちらにコメントさせていただきます。
少し読ませていただいて、今の自分に合ったものが見つかりそうな感覚があります。
目下の悩みは、四沙門果の段階ごとに適した瞑想法があるのかどうかです。
特に不還果に至るための瞑想です。
執着が減ってくるとは、持っている観念が減ってくることだと理解しているのですが、
どんな観念が残っているのかわかりません。
修業体系によっては段階ごとに修行法あるいは瞑想法を変えるものがあるのか
気になりました。

Re: ありがとうございます

Bhikkhuさん、こんにちは。

2つのブログは、どちらが新しいということではなくて、
「体系」か「個々の瞑想法」か、というテーマの違いがあります。

ご質問の聖者の段階の瞑想の具体的なところは、
成就された師から直接指導していただくべきもので、
私などがネットでお答えできないないように思います。

ですが、少しでも参考にさればと思って、確認のために書きます。


ご存知だろうと思いますが、南伝アビダンマでは、
諸行の無常を観察しながら、
「道心」では一刹那で「涅槃」を対象として、
心の滅した(後の)「果心」を体験し、
「観察智」では、振り返って「道心・果心・捨断した煩悩・残りの煩悩・涅槃」の5種を対象とします。

この段階は、仰るように、煩悩を生む観念を捨てていく過程で、
「預流果」では、「有身見」などの「三結」の煩悩を滅し、
「一来果」では、「貪・瞋・癡」の煩悩が減少し(単純な強い欲・怒りを滅し)、
「不還果」では、「五下分結」、つまり、欲界に関わる「貪・瞋」、例えば、嫉妬や物惜しみなどを滅するとされます。

律儀に、体系的な方法で瞑想するなら、
アビダンマでは、一般人に現れる欲界心は45種に分類されていますので、
「不還果」までにそれを一つずつ観察するのでしょう。
欲界の各門(感覚)ごとの心路過程(一瞬一瞬の心)を観察して。

北伝アビダルマの説一切有部では、
「四諦」のそれぞれを対象とした瞑想で、欲界、色界、無色界の順に、
まず、後天的な知的煩悩を、次に先天的な情的煩悩を滅し、滅したことを観察します。
「不還果」は、先天的な情的煩悩の、欲界の残り1/3が対象とされます。

以上のような網羅的、体系的方法は、誰にでも一定の効果がありそうな方法ですが、
そうしなくても、日常から常に心を観察し、自然に意識の上る心を観察にしていれば、
残っている煩悩、次に滅すべき煩悩は見つかるのではないでしょうか。

No title

>ご質問の聖者の段階の瞑想の具体的なところは、
成就された師から直接指導していただくべきもので、
私などがネットでお答えできないないように思います。

おっしゃるとおりです。ただ、私が師事したいと思った方々はすでにこの世におりません。

>ご存知だろうと思いますが、南伝アビダンマでは、
諸行の無常を観察しながら、
「道心」では一刹那で「涅槃」を対象として、
心の滅した(後の)「果心」を体験し、
「観察智」では、振り返って「道心・果心・捨断した煩悩・残りの煩悩・涅槃」の5種を対象とします。

すみません、私にはちょっと理解できないです。
涅槃は阿羅漢果に至らなければわからないもので、瞑想で至れるのは非想非非想処までだと理解しております。

曹洞宗などの禅に希望を見出しているのですが、これも不還果のための禅となると、どのようなものかわかりません。
「対象」というもの自体が意識の変化の方向と逆行しているので、「対象」をとらない瞑想になっていく気がするのです。
そして、「対象」をとらない瞑想の場合何に気をつけるのが良いかがわからないのです。

何はともあれ、まとめて下さっているものに自分に合ったものがないか引き続き見てみようと思います。
これだけのものをまとめるのは学者でも相当大変だと思います、ありがとうございます。

Re: No title

Bhikkhuさん、ご質問が四沙門果に関するものでしたので、
Bhikkhuさんは上座部などの部派仏教系か、原始仏教に沿って勉強や実践をされてる方かと思っておりました。

理解できないと書かれた部分は下記をご参照ください。
https://ameblo.jp/morfo/entry-10870705425.html

上座部などの教義では、「涅槃」は聖者段の階に至れば、事実上、一時的に瞑想によって体験でき、
また、一瞬、観察の対象となるものと理解しております。
少し難解ですが、下記もご参照ください。
https://ameblo.jp/morfo/entry-12147774337.html

曹洞宗の只管打坐などは対象を取らない瞑想ですので、上座部などとは、まったく方法が異なります。
また、「四沙門果」といった目標を求めない瞑想法です。

一般の大乗仏教は、阿羅漢ではなく、菩薩から仏を目指しますので、
「四沙門果」という道ではなく、「菩薩の十地」とか「五道」という道を歩みます。

大乗中観派でも、「四諦」を対象として、上座部に近い瞑想を行いますが、
「空性」の理解が必要とされ、「法」に対する執着も滅します。
また、「後得智」という、説法にも関わる概念的な認識も必要とされます。

密教の場合は、「二次第」、「四種灌頂」による「仏の三身」の獲得という道になり、
ゾクチェンの場合は、「テクチュー」、「トゥゲル」という道になり、
どちらも「四沙門果」を考えません。

流派によって、瞑想法は様々です。

No title

morfoさんが言われるとおり、原始仏教は学んでおります。
しかし、アビダルマは全く重視しておりません。少し学んだ時点で、これはかえって学ぶべきでないと思い、捨てました。
四沙門果を持ち出したのは、どんな道(実践)を通ろうとも必ず通る4つの段階だと思っているからです。部派仏教だろうが大乗仏教だろうが、ヒンドゥー教だろうが、非二元だろうが、必ず通る道だと思っているのです。ですが、自分の知る限り原始仏教(部派仏教も?)にしか言及されていません。
大乗仏教に関すれば、正定聚が預流果に当たると思います。

お返事頂いたコメントの2つ目のリンクの最後の方で気になる記述を見つけました。

>禅宗でもゾクチェンでも、「青空」を保ったままに、日常の活動をするのが次の目標となります。

努力なしに「青空」を保てるようになった段階の、さらにその次の段階が不還果だと思います。仏を主体とした「只管打座」というのは初めて聞きました。

Re: No title

Bhikkhuさん、

初期の大乗仏教は、煩悩を捨てきらずに半永久的に菩薩として転生し続ける道ですので、
四沙門という考え方は無意味になったと思います。

ヒンドゥー教やバラモン哲学には四沙門という考え方はないと思います。
考え方はなくても、存在している、というのは、信仰の問題でしょう。

密教は、現生成仏し、変化身も獲得して、自在に転生(あるいは化身)可能とする道なので、
やはり四沙門という考え方は無意味になったと思います。

正定聚は浄土における現生成仏なので、不還果より進んだ位ではないでしょうか。

ゾクチェンで自然に「青空」を保てるようになった状態(テクチューの成就)は、
煩悩が残っていても、その結果が現れないという特殊な状態です。
その先のトゥゲルの成就は、成仏するだけではなく、「虹の身体」という活動的な霊的身体の獲得を目指す道です。

「仏を主体とする」というのは、伝統的な表現ではありませんが、
如来蔵的な思想は、仏性になる可能性が存在→仏性が隠れて存在→仏性に気づかないだけ、とより肯定的に変化してきたと思います。

No title

ありがとうございます。
私は密教やゾクチェンなど知らなかったのですが、これらの説明を聞いた限りでは阿羅漢果のさらにその先、ある意味大乗仏教の理想を実現するための道のようです。
一方大乗仏教(と言っても私は浄土真宗しか知りませんが)は基本的には長く預流果にとどまって他を教導する道です。ただ親鸞などは阿羅漢果まで至っていた可能性もあります。

テクチューの成就とは、一来果または不還果、あるいは両方を指す状態だと思います。

トゥゲルの成就は阿羅漢果と「虹の身体」の獲得を合わせたものだと思われます。

四沙門果に固執しているように見えるかも知れませんが、瞑想・観察の仕方はステージごとに変わるものであり、いろんな瞑想などを取り入れる場合は、どのステージに対応したものなのかを知っておく必要があります。といっても大体はやり方を聞けば自分に必要なものかどうかわかりますが。

>「仏を主体とする」というのは、伝統的な表現ではありませんが、
如来蔵的な思想は、仏性になる可能性が存在→仏性が隠れて存在→仏性に気づかないだけ、とより肯定的に変化してきたと思います。

仏を主体とするというのはわかりませんが、主体と客体間の分離がないことを知るための瞑想になっていくのかもしれません。またちょっと調べてみます。

Re: No title

Bhikkhuさん、

四沙門の件は、アバウトな議論としては、そんな感じかもしれませんね。

「仏を主体とする」の件は、上座部のヴィパッサナー瞑想と、他の瞑想の違いを考える中での仮の表現です。

上座部のヴィパッサナーは対象を観察する瞑想法で、主体は心です。
涅槃を目標に瞑想し、涅槃に至ると心も意識も消滅します。

それに対して、只管打坐では、対象化せずに全景を見る瞑想法です。
仏を目標とせず、「仏として座る」と表現することもあります。

密教の場合は、自分が仏であると観想して瞑想したり、日常の行動を行う修行をします。
仏という目標を先取りして、すでに仏になっているとシミュレートして瞑想します。

ゾクチェンの場合は、何かを対象化する心があっても、対象化していない心の本性が同時に存在していると考え、
この対象化していない心の本性(=仏)を常に自覚します。

No title

morfoさんとお話ししていて、心解脱・慧解脱を思い出しました。
涅槃を目標あるいは仏という目標の先取りというのは、心解脱の状態にとどまることで慧解脱を確立しようとする試みに見えます。
心解脱は瞑想状態を超えているので一般的には瞑想と呼ばないと思われます。
只管打座・ゾクチェンは直接慧解脱を目指す方法に見えます。これも瞑想状態から瞑想状態を超えようとする試みですね。
前者を選ぶか後者を選ぶかはその人の資質次第だと思います。

Re: No title

Bhikkhuさん、

何を「瞑想」と言うかは、定義によりますね。
当ブログでは、心をコントロールせずに、自然に生まれままにする状態に対しては「瞑想」という言葉は使わないのですが、
これだと、禅やゾクチェンの「瞑想」は「瞑想」を超えることを目指しています。

「心解脱」というのは、「止(定)」の瞑想によって一時的に煩悩を停止している状態だと認識しています。

密教で自分自身を仏として観想する我正起(本尊ヨガ)は、「止」の瞑想ですので、「心解脱」の状態になると思います。
初期仏教でこれに近いのは、「仏随念」でしょうが、この場合「仏」は「止」の対象であって主体ではありません。

密教では、我正起の状態で行動することは、福徳を早く積むことができるとします。
と同時に、虚空へと収束させる観想などによって、空の智慧へと導くものでもあります。

ゾクチェンの瞑想は独特のものですが、概念がない状態の観察は「止」に類する瞑想、概念が生まれる状態の観察は「観」に類する瞑想でしょう。

禅は分析的ではないし、天台や華厳の教学の影響があるので、「止」や「観」の概念で語るのが困難ですが、瞑想は、実際には「止」から「観」に至ると思います。
プロフィール

morfo

Author:morfo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。