スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解結と養胎の存思法

中世の道教(仙道)の経典『胎精中記経』に記載された、不老長寿を求めて行われた存思法(神々の観想法)を紹介します。
これは「解結」と「養胎」という2段階から成ります。

道教ではミクロコスモス(身体)とマクロコスモス(神々の体系)の照応を考えます。
特定の神が身体の各部位を司っているとか、各部位に体内神がいると考えます。

一方、悪い要素も、身体の各部位に悪神として、あるいは霊的な組織として存在すると考えます。 
生まれた時から存在する病根である身体各所の霊的組織を「霊関」、「結」、「節」などと言います。

「解結」の存思法は、それぞれの身体部位、「結」対応する神々を観想することで、その「結」を解くための瞑想法です。
後期密教でも、尊格を身体部位と対応させて観想し、活性化するので、発想は同じです。

最大の病根は3つの「霊関」とされますが、これはハタ・ヨガのグランティ(結節)に相当します。
次に重要な病根が12の「結」で、それぞれの中に12の「節」と呼ばれるものがあり、両方合わせて「24結」と呼ばれます。

次に、「養胎」の存思法ですが、これは神々の観想によって、霊的な身体の元になる「聖胎」を育てて、不死の霊体にしていく瞑想法です。
道教では、人間の胎児が受精してから出産に至る過程で、様々な神々が順に胎児に力(気)を与えたり、神々が体内に入り込んだりすると考えます。
「養胎」の存思法では、このプロセスを観想によって体内の霊体で再現するものです。

「養胎」の存思法は、後の内丹法のように直接に気のコントロールは行いませんが、それにつながる観想法と言えるでしょう。
後期密教で、出産のテーマを取り入れた観想法である生起次第が、後の気をコントロールする瞑想法である究竟次第につながることと同じです。

では、具体的に観想法を紹介します。
まずは、「解結」の存思法です。

生年と同じ干支の日に、夜明け、正午、夜半の3回に分けて観想を行います。
夜明けの観想は、上部の4結(頭頂・口・頬・目)を解結するためのものです。
正午の観想は、中部の4結(五臓・胃・大腸・小腸)を解結するためのものです。
夜半の観想は、下部の4結(膀胱・陰中・肛門・両足)を解結するためのものです。

それぞれの観想は3つの部分から成ります。
「九天元父と九天玄母」の観想、「三天真王」の観想、「八景神」の観想です。

「九天元父」と「九天玄母」は天界の陰陽を象徴する神です。
「九天元父」は黒黄で、青気に変わり、大きさは9寸9分、24の仙人を従えています。
「九天玄母」は青色で、黄気に変わり、大きさは6寸6分で、36人の玉女を従えています。

「九天元父」と「九天玄母」の観想は、二人が飛龍、鳳凰、仙人、玉女などを従えて降臨し、自分の頭の中に入り、そこを治めると思い描きます。
顔の当たりに降り来た時に、歯をかみならし、それぞれの4結を解いてもらうように祈願します。

「三天真王」は、胎児の成長を促す九天の気を司る神々です。
上部・中部・下部のそれぞれで別の三人の神々がいます。
「三天真王」は、麒麟などの霊獣が引く雲や車に乗って、玉童玉女を従えて、降りて来て、青・紫・黄の3色の気になって、口・耳・鼻から入ってくると観想します。
「三天真王」にも、4結を解いてもらうように祈願します。

「八景神」は、始めから体の中に住む神々です。
ですから、体内に留まってもらうことを祈願する観想を行います。
「八景神」も、上部・中部・下部のそれぞれに別の8人の神々がいて、「三部八景神」とか、「二十四神」と呼ばれます。
「八景神」は、嬰児の姿をしていると観想します。
そして、解結を祈願し、祝(呪文)を唱え、気を8回飲み、呪符を服用します。

夜半の「八景神」の観想を終えると、最後に、三部八景神を統括する臍下丹田の「道一内神」を観想して、すべての解結を祈願し、呪符を服します。


次に、「養胎」の存思法です。

これは、自分の受胎から出産までの10カ月の過程になぞらえて、不死の聖胎を養育する観想法です。
各月に10日ごとに3回、最初は夜明け、次に正午、最後に夜半、観想を行います。
1月ごとに、身体の各部位に、それぞれに対応する神々が降りて来て、気を授かると観想し、祝(呪文)を唱えます。

身体の部位は、順に、「泥丸(頭頂)」、「洞房(頭部)」、「明堂(頭部)」、「肺」、「肝」、「胆」、「腎」、「心臓」、「泥丸(頭頂)」、「下腹部(下丹田)」です。

最後の誕生月に対応する日には、「九天元父」を頭頂に、「九天玄母」を下腹部(下丹田)に招きます。
この後、「九天元父」は青気に変わり、「九天玄母」は黄気に変わり、心臓で合一します。
そして、「九天元父」は嬰児に変わり、「九天玄母」は鳳凰に変わります。
その後さらに、「九天元父」は太陽に変わり頭頂へ、「九天玄母」は月に変わり下腹部に戻ります。
最後に、呪符を服します。


スポンサーサイト
プロフィール

morfo

Author:morfo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。