スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラージャ・ヨガ

「ラージャ・ヨガ」という言葉は、いろいろな意味で使われます。

ヴィヴェーカーナンダは、「カルマ・ヨガ」、「バクティ・ヨガ」、「ジュニャーナ・ヨガ」、「ハタ・ヨガ」をすべて含めて、ヨガの美称として使います。
シヴァナンダは、古典ヨガの意味で使い、「ハタ・ヨガ」は「ラージャ・ヨガ」への準備段階であるとします。
権威ある梵英辞典には、王様でもできる簡易なヨガとして、「ハタ・ヨガ」より下に置いているものもあるそうです。

本稿ではハタ・ヨガ系経典に記載されている「ラージャ・ヨガ」を紹介します。
ハタ・ヨガ系経典でも、「ハタ・ヨガ」は「ラージャ・ヨガ」への準備段階であると書かれています。
この「ラージャ・ヨガ」は、サマディの段階、特に真我と一体化する段階の瞑想法です。
しかしその方法は、古典ヨガの方法ではなく、プラーナのコントロールや特定の部位への集中や、ナーダ(秘音)への集中など、タントラ的なものです。
ですから、実際には、この「ラージャ・ヨガ」は「ハタ・ヨガ」の最終段階と言ってよいでしょう。

『ハタ・ヨガ・プラディーピカー』では、古典ヨガのような8支を立てません。
「プラティヤーハーラ(制感)」、「ダラーナ(凝念)」、「ディヤーナ(静慮)」、「サマディ(三昧)」も大きな支として立てません。
そのかわり、「ムドラー」や「ラージャ・ヨガ」を立てます。
これは、「アーサナ」や「プラーナーヤーマ」がサマディの段階まで関係していることからくるのでしょう。


まず、『ハタ・ヨガ・プラディーピカー』に書かれている「ラージャ・ヨガ」です。

「ラヤ」
:ブラフマランドラ(頭頂のチャクラ)にプラーナを閉じ込めて、心や対象を止滅させる。

「シャーンバヴィー・ムドラー」
:意識を心臓のチャクラに定め、視線は外界の下向きに向けてまばたきをせず、心をブラフマンの中に没入させる。

「ウンマニー・ムドラー」
:鼻先を見つめ、現れた光に意識を集中する。

「ケーチャリー・ムドラー」
:眉間のチャクラ(シヴァの座)に集中し、プラーナをスシュムナーに入れ、アムリタ(甘露・霊液)で全身を滋養する。

「虚空」
:虚空の中にアートマンを置き、アートマンの中に虚空を置き、無念無想にする。

「ナーダ・ウパーサナ(秘音観想法)」
:ムクタ・アーサナ(左右のかかとを性器の下で重ねる)で、耳、目、鼻、口を両手でふさぎ、右の耳でスシュムナーの音を聞く。
まず、心臓のチャクラの音が聞き、喉のチャクラ、眉間のチャクラ、頭頂のチャクラの音を聞く。


次に『ゲーランダ・サンヒター』書かれた「ラージャ・ヨガ」です。

「サマディ・ヨガ」の最後が「ラージャ・ヨガ」に当たります。
:眉間に集中した止息(マノームールチャ・クンバカ)の状態でアートマンに合一する。


最後に、『シヴァ・サンヒター』に書かれた「ラージャ・ヨガ」です。

:親指で両方の耳を閉じ、人差し指で両目を、中指で両鼻を、残りの指で口を閉じて、空気の出入りを止めると、光として真我が現れる。
:サハスラーラにいるシヴァ神に心(シャクティ)を合一させる観想を行い、そのチャクラからしたたるアムリタを飲む。
頭頂のチャクラを観想して、そこに虚空を思念する。

「究極のラージャ・ヨガ」
:ヴェーダーンタによって、ジーヴァ(アートマン)が独立自存であると知って、無念無相になる。


以上のように、基本的には、タントラ的な方法によって、心の作用を止滅させた状態(ラヤ)を達成するのが目的です。
『ヨーガ・スートラ』や古典的なバラモン哲学の影響を受けていると言えそうです。

しかし、アムリタによって全身を滋養するとか、ナーダ音をシャクティであるとするなど、心身の活性化を重視する側面も見えます。
スポンサーサイト
プロフィール

morfo

Author:morfo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。