スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーシュヤー・ディヤーナ

ジャイナ教のテーラーパンタ派で実践されている「プレークシャー・ディヤーナ」という瞑想法から、その最後の段階の瞑想法である「レーシュヤー・ディヤーナ」を紹介します。

先に書いたように、「プレークシャー・ディヤーナ」は、次の6段階の瞑想から構成されます。

1 「カーヤ・ウトゥサルガ(ウッサッガ」」:完全なリラックスを行うための瞑想
2 「アンタル・ヤートラ」:意識を脊髄に沿って上下させる瞑想
3 「シュヴァーサ・プレークシャー」:呼吸を知覚する瞑想
4 「シャリーラ・プレークシャー」:身体の感覚を知覚する瞑想
5 「チャイタニヤ・ケーンドラ・プレークシャー」:チャクラの瞑想
6 「レーシュヤー・ディヤーナ」:霊的なカラーの瞑想

プレークシャーは、心が発する色の波動のことです。
「レーシュヤー・ディヤーナ」は、チャクラに集中して、色を観想する瞑想法です。
これによって、悪い波動を良い波動に、悪い心を良い心に変えます。

ジャイナ教では、チャクラのことを「ケーンドラ」と言います。
そして、ヒンドゥー教の7つに額のケーンドラを加えて、全部で8つのケーンドラを数えます。
しかし、「レーシュヤー・ディヤーナ」では、5つのケーンドラを使います。


1 胸の中央のアーナンダ・ケーンドラに意識を向けて、そこに緑色を思い浮かべます。

吐く息ごとに、緑色が細かい光の粒子となって、アーナンダ・ケーンドラから放射され、自分を取り巻くものすべてが緑色になると観想します。

次に、吸う息と共に緑色の空気の長い流を吸い込み、体の中が緑色になると観想します。

次に、呼吸と共に、緑色が自分の内外を循環する様子を観想します。

最後に、心の中で3回、「私はこだわりや執着から離れて積極的になっている」と唱えます。

「ナモー、ウヴァッジャーヤーナム」と、マントラを唱えてもいいでしょう。

2 喉仏の奥、ヴィシュッディ・ケーンドラに意識を向けて、そこに青い色を思い浮かべて、同様な観想を行います。
そして、心の中で3回、「私は性欲のコントロールが発達している」と唱えます。
「ナモー、ローエー、サッヴァ、サーフーナム」と、マントラを唱えてもいいでしょう。

3 眉間のダルシャナ・ケーンドラに集中して、赤い色を思い浮かべて、同様の観想を行追います。
そして、心の中で3回、「私は直観力が発達している」と唱えます。
「ナモー、スィッダーナム」と、マントラを唱えてもいいでしょう。

4 額の奥のジョーティ・ケーンドラに集中して、白い色を思い浮かべて、同様の観想を行追います。
そして、心の中で3回、「私は忍耐力が強まっている」と唱えます。
「ナモー、アリハンターナム」と、マントラを唱えてもいいでしょう。

5 頭頂のギャーナ・ケーンドラに集中して、黄色を思い浮かべて、同様の観想を行追います。
そして、心の中で3回、「私は知覚力が強まっている」と唱えます。
「ナモー、アーヤリヤーナム」と、マントラを唱えてもいいでしょう。
 
スポンサーサイト
プロフィール

morfo

Author:morfo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。