スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六座のグル・ヨガ(ゲルグ派)

「グル・ヨガ」は、インドの本尊ヨガを元にチベットで生まれた瞑想法で、チベットの密教では非常に重視されます。
「グル・ヨガ」の特徴は、自分の師を各宗派の祖師の姿で観想し、加持を授かる観想を行うことによって、祖師と如来の悟りの境地を獲るきっかけとすることです。

チベットのゲルグ派では、密教の修行に入る前の準備の修行として「四前行」を行います。
その4番目に当たるのが「グル・ヨガ」です。
「グル・ヨガ」は「前行」の一部として行われますが、無上ヨガ・タントラの灌頂を受けた修行者は、「前行」の段階を終えても、「グル・ヨガ」を一生行い続けます。

ゲルグ派の場合、「ガンデン・ラギャマのグル・ヨガ」や「六座のグル・ヨガ」などを行いますが、それだけで前行全体を包括するように体系化されています。
「ガンデン・ラギャマのグル・ヨガ」とニンマ派のグル・ヨガについては、姉妹サイト「仏教の瞑想法と修行体系」の「四前行(ゲルグ派)」をご参照ください。
この2つの「グル・ヨガ」は、4つの灌頂を授かる観想を含むのが特徴です。

ここでは、よりシンプルな「六座のグル・ヨガ」を紹介します。

まず、準備の瞑想です。

眼前に自分の師をツォンカパの姿で、そして、その周りに様々な本尊や菩薩や聖者が集まっていると観想し、彼らに対して「帰依」の祈りを捧げます。
そして、「発菩提心」の誓願を立て、師から「菩薩戒」を授かったと自覚します。
次に、無概念・無イメージの空の状態を瞑想し、眼前の師たちを自分自身に収斂し、それによって自分の煩悩が浄化されたと念じます。

次に、本行の瞑想です。

眼前の極空に、自分の師を宝座の上の座す本初仏の持金剛仏父母尊の姿で観想します。

そして、マントラを唱えながら「智慧薩埵(イメージではない本体)」を勧請して眼前のイメージと一体化させます。
そして、「祈願」や「供養」を捧げます。

次に、持金剛仏が自分の頭頂に降りてきて、自分と「一体化」すると観想します。
この時、空の意識状態でいます。
さらに、自分自身の体を持金剛仏父母尊であると観想します。

次に、「菩薩戒(大乗戒)」の内容を想起して、戒を犯したことがあれば、懺悔をします。

さらに、「三昧耶戒(密教の戒)」の内容を想起して、戒を犯したことがあれば、懺悔をします。
これは、師を尊重する、密教の秘密を洩らさない、などの戒律です。

最後に回向の祈りを捧げます。
スポンサーサイト

金剛薩埵の瞑想(ゲルグ派)

密教で本行の前の準備的修行として行う「前行」の中の一つで、懺悔による浄化のための代表的な瞑想法が「金剛薩埵の瞑想」です。

金剛薩埵の瞑想は、「準備の瞑想」、「因位の菩提道の瞑想」、「果位の菩提道の瞑想」から構成されます。
その最後では、「金剛薩埵の百字真言」を唱えながら「甘露降浄法」という観想法を行います。

とても複雑な観想法なので、その概要だけになりますが、紹介します。


「準備の瞑想」では、集会樹(師や如来などの尊格の集まり)を観想し、三宝に帰依をして菩提心を起こします。

つぎに、「因位の菩提道の瞑想」では、下記のように観想して誦句を唱えます。

ただし、密教の正式な灌頂を受けていないと、自分自身を金剛薩埵として観想できませんので、ここでは、自分は凡夫のままに、頭頂部分に金剛薩埵を観想する方法を紹介します。

自分の頭頂に次のように順次観想します。
まず、パム字があり、それが蓮華座に変化し、その中央にア字があり、そこから月環座を生成し、その上に白いフーム字があり、それが白い五鈷金剛杵に変化し、その真ん中に白いフーム字があります。 
そして、金剛杵から光が放たれ、一切如来に供養を行い、一切衆生に光が当たり浄化します。
その光が自分に収斂して金剛杵とともに自分の中に溶け込みます。

次に、「果位の菩提道の瞑想」は次のように観想して誦句を唱えます。

自分の頭頂部分に、白いフーム字と金剛杵があり、それが明妃を抱いた白い金剛薩埵に変化します。

さらにその金剛薩埵の頭頂に法輪とオーム字、喉に蓮華座とアー字、心臓に白い月輪座、金剛杵とフーム字、その周りに白い百字真言の鬘(真言を輪状につなげたもの)があります。
フーム字から光が出て、4つの種子マントラを唱えて「智慧薩埵(イメージではない金剛薩埵の本体)」を招き、それが頭頂の金剛薩埵(のイメージ)に溶け込んで一体となります。

金剛薩埵のフーム字から光が放たれ、一切如来を五仏の姿で招き、それらに灌頂を祈願します。
五仏は甘露に満たされた瓶で金剛薩埵の頭頂から灌頂を与えます。
また、フーム字の廻りには百字真言の鬘を観想します。

次に、下記のように観想して誦句を唱えます。
自分の前に両親、後ろには敵、回りには一切衆生が取り巻いていて、皆が罪と苦しみを持っています。
金剛薩埵に全員の浄化を祈願すると、フーム字と百字真言の鬘から光が放たれ、一切衆生の罪が浄化され喜びに満ち溢れます。
金剛薩埵は先端に供養女達がいる光を放ち、十法の仏・菩薩達を供養することで、加持の力を白い光の形で招きます。
その光は金剛薩埵のフーム字と真言の鬘に溶け込んで、金剛薩埵は荘厳さを増します。
金剛薩埵に懺悔をすると、フーム字から光が放たれ、懺悔の念が供物に変化し、光の先の無数の金剛薩埵と供養女達が如来達を供養します。
それによって、如来達が喜び、罪障をなくす荘厳なる力が金剛薩埵の心臓に溶け込みます。

さらに、次のように観想して誦句を唱えます。
金剛薩埵が一切衆生一人ひとりに金剛薩埵を放ち、それぞれの頭頂から甘露を流して悪趣を浄化し、三学の修行によって金剛薩埵の境地を獲得させます。
金剛薩埵となった一切衆生から金剛薩埵が放たれ、自分の頭頂の金剛薩埵の心臓に溶け込み、さらに荘厳さを増して無上のものとなります。

そして、百字真言を唱えながら、「甘露降浄法」の観想をします。
これにはいくつかの方法があります。

「下降法」では、金剛薩埵から甘露が頭頂から降りてきて、罪障は灰液と墨汁のような黒いものとして、病は腐った血や膿として、霊的障害は蜘蛛や蠍、亀や魚として、身体の下部から放出すると観想します。

「上昇法」では、甘露が降りてきて足の裏にまで達し、そこに溜まって上へ上がり、悪い要素を上半身から排出すると観想します。

「蘊の法」では、甘露が光として放たれ、頭頂から身体内に入るやいなや、自分の内側に黒い暗黒としてあった罪障が自然となくなり明るくなると観想します。

「四灌頂下降法」では、下記のように観想します。
・金剛薩埵の心臓からの白い甘露が頭部のチャクラを満たし、身業を浄化します。
・赤い甘露が喉のチャクラを満たし、口業(煩悩)を浄化します。
・心臓のフーム字からの青い甘露が心臓のチャクラを満たし、意業(無知)を浄化します。
・まだら(金色)の甘露がへそのチャクラを満たし、三業に共通の罪を浄化します。
この4つの観想は、それぞれ「瓶灌頂」、「秘密灌頂」、「智慧灌頂」、「語句灌頂」という後期密教の4つの灌頂に対応します。

カーラチャクラ究竟次第

「カーラチャクラ・タントラ(時輪タントラ)」は、11C頃に、おそらく中央アジア~西北インドあたりで書かれたインド仏教最後の経典です。

チベットでは、後期密教を「父タントラ」と「母タントラ」という2つの系統に分けますが、「カーラチャクラ・タントラ」は両者を統合するという性質を持っています。
「究竟次第」は気(プラーナ)をコントロールする瞑想法で、後期密教の奥義に当たるものです。

「カーラチャクラ・タントラ」の「究竟次第」は「六支瑜伽」と呼ばれ、下記の六段階の修行法から構成されています。

1 抑制:気を収束させて10のヴィジョンを得る
2 禅定:観想によってヴィジョンを堅固に
3 止息:瓶ヨガによって気を中央管に流入
4 總持:中央管に気を保持
5 憶念:上からと下からの四歓喜を得る
6 三昧:菩提心を蓄積して四身を得る

まず、父タントラ系の「究竟次第」を引き継いだ瞑想を行ない、その後に、母タントラ系の「究竟次第」を引き継いだ瞑想を行なうという構成になっています。

詳しいことは分からないのですが、「六支瑜伽」の概要を説明します。


1 抑制

「抑制」では、気を中央管、そしておそらく胸のチャクラにある心滴に流入させることでし、臨死の10のヴィジョンを体験します。

まず、「夜のヨガ」と総称されるのが、死に際した身体の4大の解体をシミュレートする瞑想の粗大なヴィジョンです。
具体的には、「煙」、「陽炎」、「蛍の光」、「灯明」の4つで、「秘密集会タントラ」の「究竟次第」と同じです。

次に、「昼のヨガ」と総称されるのが、意識の解体をシミュレートする瞑想の微細なヴィジョンです。
具体的には、「火焔」、「月」、「太陽」、「羅喉星(星のない暗黒の空)」、「閃光(空の自然な色)」、「青い滴(その中に細い黒い線の中にカーラチャクラ父母仏がいる)」の6つです。
これは、「秘密集会タントラ」の「四空」をより細かく分けたものです。
 
10のヴィジョンは、それぞれ、10種の気(プラーナ)と女尊に対応しているとされます。


2 禅定

「禅定」では、中央管の上部にいる父母仏になると観想します。
そして、脈管が浄化され、ヴィジョンが堅固となります。


3 止息

「止息」では、気を腹部に閉じ込める「瓶ヨガ」を行ないます。
そして、気を「中央管」に流入させます。


4 總持

「總持」では、気を中央管の中に保持します。


5 憶念

「憶念」では、自分自身をカーラチャクラであると観想し、五仏母、十女尊(シャクティ)と交わると観想します。
そして、ヘソのチャクラのチャンダリーの火を点火します。

これによって、頭頂からチャクラの中にある心滴を溶かして白い菩提心を下降させ、チャクラの場所で4つの歓喜を体験し、性器の先端に留めます。
これを「上から降りる四歓喜(順に歓喜・最勝歓喜・離喜歓喜・倶生歓喜)」と呼びます。 
最後の歓喜は「不変の楽」とも呼ばれます。

また、ヘソのチャクラにある心滴から赤い菩提心を上昇させ、4つの歓喜を体験し、頭頂のチャクラに留めます。
これを「下から堅固になる四歓喜」と呼びます。


6 三昧

「三昧」では、5「憶念」を続けることで、赤白の菩提心を21,600滴、蓄積します。
すると、中央管が満杯になり、4つの心滴が仏の四身に変化するとされます。

・頭頂のチャクラにある「身の心滴」(対象の現れを生み出す)は「変化身」に
・心臓のチャクラにある「心の心滴」(無概念の意識を生み出す)は「法身」に
・喉のチャクラにある「語の心滴」(音の現れを生み出す)は「報身」に
・ヘソのチャクラにある「智の心滴」(快楽を生み出す)は「倶生身」に

「倶生身」というのは、「自性清浄身」、「理法身」とも呼ばれ、無始の真理そのものです。
一方、「法身」は「智法身」とも呼ばれ、真理を認識してそれと一体化した智です。

21,600というのは、一日の呼吸数に当たり、同時に動く気の数になります。
密教では、気も含めてすべては業によって生まれるものです。
ですから、21,600の心滴によって、すべての業が浄化されると考えられたのでしょう。

また、四身を合わせたものでしょうか(?)、「空色身(空の影像)」を獲得します。
これは「秘密集会タントラ」の「幻身」と同じで、気と意識を伴う体のようです。

また、この時に体験する最高に高められた歓喜を「最高の不変大楽」と呼びます。
もちろん、この時、「空」の認識を得ていますが、それは後期密教の創造的な母体としての「空」の認識です。

秘密集会 聖者流 生起次第

後期密教の「秘密集会(グヒヤサマージャ)タントラ」は、チベット仏教のゲルグ派が重視する経典で、一般には父タントラ、ゲルグ派では根本タントラとされます。
聖者流はゲルグ派が継承する派です。
その「生起次第」である「秘密集会成就法清浄ヨガ次第」の中から、「生起次第」の中心的な瞑想部分で、成就法に当たる「マハー・ヨガ」を紹介します。

生起次第」の思想的背景については、姉妹サイトのコンテンツこちらを、「秘密集会成就法清浄ヨガ次第」の全体像についてはこちらをご参照ください。


「秘密集会成就法清浄ヨガ次第」の全体の構成は、「初加行三摩地」→「曼陀羅最勝王三摩地」→「羯摩最勝王三摩地」という3つの観想で構成されます。
それぞれはさらに細かく分けられ、全部で49次第となります。

「初加行三摩地」(1-33)は、「最初の三昧」という意味の観想法です。
自利として、仏の三身を獲得する観想(三身修道)の後、主尊の持金剛(阿閦金剛)と一体化する「成就法」を観想し、最後に性ヨガにより「大楽」を得る観想を行います。

「初加行三摩地」はさらに6つの観想に分けられます。
「前行(1-11)」→「根本ヨガ(12-14)」→「アヌ(付随)ヨガ(15-17)」→「アティ(甚深)ヨガ(18-24)」→「マハー(大いなる)ヨガ(25-30)」→「マハーサーダナ(大成就)(31-33)」です。

「マハー・ヨガ」では、持金剛と一体化する「成就法(本尊ヨガ・我生起)」と呼ばれる観想を行います。
仏と自分を一体化する観想を行う、自分を仏として観想するというのは、密教の観想法の最大の特徴であり、「生起次第」の核心に当たる部分です。
正式な灌頂を受けていないと、この観想は行ってはいけないことになっています。

「マハー・ヨガ」の観想は、具体的には、身・口・意の3種類の金剛(仏)を光明として身体に導入して加持を受けます。
つまり、清浄な体の仏、清浄な言葉(マントラ)の仏、清浄な心の仏をお呼びし、一体化します。

まず、「身金剛」の場合は、頭頂に白いオーム種子→月輪→白いオーム種子→五色の光明と観想します。
光明に誘われて女尊(仏眼母)と仏(毘廬遮那如来=身金剛)が現れて性ヨガを行うと、眷属達と共に光明の融解する頭頂から入って来て、身体の自在を得たと観想します。

次に、「口金剛(語金剛)」の場合は、舌に赤いアーハ種子→蓮華→赤いアーハ種子→五色の光明と観想します。
光明に誘われて女尊(白衣母)と仏(無量光如来=口金剛)が現れて性ヨガを行うと、眷属達と共に光明の融解する舌から入って来て、言葉の自在を得たと観想します。

最後に、「意金剛」の場合は、心臓に青いフーム種子→日輪→青いフーム種子→五色の光明と観想します。
光明に誘われて女尊(マーマキー)と仏(阿閦如来=意金剛)が現れて性ヨガを行うと、眷属達と共に光明の融解する心臓から入って来て、身体の自在を得たと観想します。

以上の観想によって3種類の金剛を得ます。
これによって貪・瞋・癡の三毒を浄化すると考える場合もあります。

次に、自分自身を青い持金剛と観想します。
この時の持金剛のイメージは、自分で思い描いた、清浄な心の現れの象徴であり、「サンマヤサットヴァ(三昧耶薩埵)」と呼ばれます。

次に、胸に微細な、父母仏(性ヨガによって合体した仏と女尊)としての持金剛を観想します。
これは、作為的に描いたイメージではなく、自然に現れて動く「ジュニャーナサットヴァ」と呼ばれる存在になります。
これは清浄な心の現れそのものであり、そういう意味で観想を越えています。
「ジュニャーナサットヴァ」は大きくなっていき、「サンマヤサットヴァ」と一体化します。

さらに、「ジュニャーナサットヴァ」の心臓に、月輪→青い金剛→青いフーム字を観想します。
このフーム字が「サマディサットヴァ(三昧薩埵)」と呼ばれる存在になります。
思い描いたフーム字のイメージと音・光のイメージが、イメージ以前の原初的な清浄な心の現れの象徴であるのに対して、「サマディサットヴァ」は、その根源的な清浄な心の現れそのものです。

以上で、主尊そのものと一体化する瞑想が終わります。
 

チャンダリーの火

「チャンダリー(トゥモ)の火」は、母タントラ系の「究竟次第」の核となる瞑想法です。
また、チベットのカーギュ派の「ナーローの六法」の一つです。 
ヒンドゥー系の「クンダリーニ・ヨガ」に似ています。
「チャンダリーの火」は、宗派などによって様々な行い方があります。

全体は「準備的な瞑想」、「瓶ヨガ」、「チャンダリーの火の点火」の3段階からなります。


1 準備的な瞑想

まず、準備的・副次的な瞑想として、「トンラ」を行います。
これは、自分の身体が空虚な壷である、あるいは虹のようであると瞑想します。
つまり、チャクラだとか中央管だとかを瞑想する前に、身体を実体として捉えないように訓練付けるのです。

また、「トゥンコル」と呼ばれる6種類の運動(動きのあるアーサナ)を行います。
次に、ラマとダキニ、ダーカへの供養と祈願と行います。


2 瓶ヨガ

ここからが本行です。
まず初めに、「瓶ヨガ」のための観想を行います。

体の中の気が流れる主要な3つの脈管と4つのチャクラ(脈輪)を観想します。
脊髄に沿って体の中央を流れる中央管(ウマ)と、それに左右から巻きつくようにしてある2つの左右管(キャンマ、ロマ)です。

そして、左右管が中央菅に巻きつく場所である4つのチャクラです。
頭頂のチャクラ(32枚弁の大楽輪)、喉のチャクラ(16枚弁の受用輪)、心臓のチャクラ(8枚弁の法輪)、臍のチャクラ(64枚弁の変化輪)です。

頭頂のチャクラの中には「白い心滴」、臍のチャクラには「赤い心滴」、胸のチャクラには「不滅の心滴」があります。
「心滴(ティクレ、ビンドゥ)」は気の身体の種のような存在です。

次に、4つのチャクラに、月輪の中に文字(象徴的・原型的な文字である「種子」)を観想します。
頭頂に白い逆さの「ハム字」、喉に赤い「オーム字」、心臓に青い逆さの「フーム字」、臍に赤い「ア字」です。

これによって、気を導き入れることができるようになります。

4つのチャクラに集中することで、気をそこに集め、融解液を生むことができるようになります。
チャクラと言っても、集中するのは、中央管の中の位置です。

ここからが本格的な「瓶ヨガ」です。
4つの段階があります。

1)吸引
鼻からゆっくり息を吸い込みます。

2)充満
それと共に、気を左右管に入れます。
この時、中央管の弁は閉めておきます。

3)圧縮
左右管から、中央管に気を入れ、臍のチャクラに留めます。
さらに、肛門、尿道から吸い込んだ気を臍のチャクラに留めます。
この時、左右管の弁は閉じておき、臍のチャクラの場所に瓶があるとイメージします。
こうして、気を臍の部分に集めます。

4)矢のような放出
次に、中央管の中を気をゆっくり上昇させます。

以上を行う際、気を無理矢理動かしたり、留めたりせず、管脈を浄化することに集中します。

中央管に気が入ると、四大が解体して4つのヴィジョンを生じます。


3 「チャンダリーの火」の点火

まず、中央管の中に、4つのチャクラに文字を観想します。
これによって気を集めます。

性器のチャクラの気が臍のチャクラのア字に光明をともらせます。
つまり、臍の部分の気を増大・圧縮するようにします。

光明が上昇し、3つのチャクラの種子、心臓(フーム)、喉(オーム)、頭頂(ハム)を溶かします。
融解した文字は下降して、臍のア字と一つになります。
この時、この心滴で感じる歓喜に集中します。

臍のチャクラの中にある「赤い心滴」に集中すると、炎がともります。

炎の光明は中央管を上昇し、頭頂のチャクラの中にある「白い菩提心の心滴」を融かします。

その融解液(甘露)は下降して、4つのチャクラを通る時に歓喜を感じます。

これは順観の「四歓喜(歓喜・最勝歓喜・離喜歓喜・倶生歓喜)」と呼ばれます。

心滴の融解液を下降した際、臍のチャクラからさらに下ろし、性器先端まで導くこともあります。

臍のチャクラのア字に集中すると、チャンダリーの火はますます燃え上がり、再上昇して4つのチャクラで逆観の「四歓喜」を体験します。

この時、上昇するのは、赤白の心滴の融解液が混合したものになります。

歓喜を体験する時、言葉のない意識状態になるので、「空」の認識と結びつけて、「楽空無別の智恵」と呼ばれる知恵を得ます。

瞑想の後では、あらゆる存在を「楽空無別の智恵」と結びつけるようにします。

これによって報身(浄化され・活性化された魂と気の身体)を得ます。

以上の過程で、性ヨガ、性ヨガの観想を行う場合もあります。

また、サンヴァラ系の「究竟次第」では、火(気)が自分の身体から出て仏達の身体に入り、その甘露と共にまた戻ってくるという観想を行います。
そして、最終的にはヘソのチャクラに戻します。
プロフィール

morfo

Author:morfo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。